赤ちゃんは泣くのが仕事です【満員バスでの話】

赤ちゃんは泣くのが仕事です【満員バスでの話】

今から16年程前、東京にいた12月も半ば過ぎたころの話です。

私は体調を壊し、週二回、中野坂上の病院に通院していました。

その日は今にも雪が降り出しそうな空で、とても寒い日でした。

昼近くになって、病院の診察を終え、バス停からいつものようにバスに乗りました

バスは座る席はなく、私は前方の乗降口の反対側に立っていました。

社内は暖房が効いていて、外の寒さを忘れるほどでした。

まもなくバスは東京医科大学前に着き、そこでは多分病院からの帰りでしょう、どっと多くの人が乗りあっという間に満員になってしまいました。

立ち並ぶ人の熱気と暖房とで、先ほどの心地よさは一度になくなってしまいました。

バスが静かに走り出したとき、後方から赤ちゃんの火のついたような泣き声が聞こえました。

私には見えませんでしたが、ギュウギュウ詰めのバスと人の熱気と暖房とで、小さな赤ちゃんにとっては苦しく、泣く以外方法がなかったのだと思えました。

泣き叫ぶ赤ちゃんを乗せて、バスは新宿に向い走っていました。 バスが次のバス停に着いた時、何人かが降り始めました。

最後の人が降りる時、後方から、

「待ってください降ります」

と、若い女の人の声が聞こえました。

その人は立っている人の間をかきわけるように、前の方に進んできます。

その時、私は、子どもの泣き声がだんだん近づいて来ることで、『泣いた赤ちゃんを抱いているお母さんだな』とわかりました

そのお母さんが運転手さんの横まで行き、お金を払おうとすると、運転手さんは

「目的地はどこまでですか?」

と聞いています。

その女性は気の毒そうに小さな声で

「新宿駅まで行きたいのですが、子どもが泣くので、ここで降ります」

と答えました。

すると運転手さんは

「ここから新宿駅まで歩いてゆくのは大変です。目的地まで乗っていってください」

と、その女性に話しました。

そして急にマイクのスイッチを入れたかと思うと

「皆さん!

この若いお母さんは新宿まで行くのですが、赤ちゃんが泣いて、皆さんにご迷惑がかかるので、ここで降りるといっています。

子どもは、小さい時は泣きます。

赤ちゃんは泣くのが仕事です。

どうぞ皆さん、少しの時間、赤ちゃんとお母さんを一緒に乗せて行って下さい」

と、言いました。

私はどうしていいかわかりませんでした。

多分、皆もそうだったと思います。

ほんの数秒かが過ぎた時、一人の人が拍手をしました。

そして、その拍手につられて、バスの乗客全員が拍手しました。

それが返事となったのです。

若いお母さんは、何度も何度も頭を下げていました。

今でもこの光景を思い出すと、目頭が熱くなり、ジーンときます。

私のとても大切な、心にしみる思い出です。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ