自分の誕生日が母ちゃんの命日なんて、この子に申し訳なさすぎるもん

自分の誕生日が母ちゃんの命日なんて、この子に申し訳なさすぎるもん

明日(あ、もう今日だ)は息子の5回目の誕生日だ。

そしてその次の日は、嫁がこの世からいなくなった日。

妊娠して胎盤の位置が悪いとかで、大出血の恐れがあると言われたうちの嫁。

予定日近くになると入院して管理して、帝王出産する予定だったのが一ヶ月も早く陣痛が来て呼び出された俺が病院に着いたときには、もう子宮の入り口とやらが開いてしまっていた。

当然出口付近にあった胎盤は剥がれて大出血。

それに酸素を送ってもらってる赤んぼが危ないと、緊急帝王切開に向かう途中、オロオロするしかない俺に嫁が言った。

「大丈夫、死なないから。自分の誕生日が母ちゃんの命日なんて、この子に申し訳なさすぎるもん」

その後、ちょっと小さかったけど元気な赤んぼが生まれ、胎盤が剥がれた場所から出血が止まらなかった嫁は何とかショックを起こして意識がなくなった。

新しい血を入れてもそれ以上に出血が止まらない状況で、医者は青い顔で「今夜一晩もつかどうか」と俺に言った。

でも嫁は、息子の誕生日であるその日が終わるまでどうにか持ちこたえ、手術室に入る前に言った言葉通り息子の誕生日と嫁の命日が一緒になることはなかった。

息子は母ちゃんのことを自慢に思ってる。

「すっごく頑張りやだったんだよ」って鼻の穴膨らませて自慢してるwww

俺も嫁んとこに行ったときには、嫁に「父ちゃんも結構やるじゃん」と言ってもらえるようにまだまだ頑張るつもり。

中途半端に時間が経って、誰かにこんな気持ちを話せるようなこともなくなったのでここにカキコ。

今日は会社の帰りにケーキを買って、明日はガーベラの花を買おうと思う。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ