絶対来てくれるから、俺が死んだら

絶対来てくれるから、俺が死んだら

金持ちで顔もまあまあ。

なにより明るく突っ込みがうまく、ボケた方が「俺笑いの才能あるんじゃね」と勘違いするほど(笑)

彼の周りには常に笑いが絶えなかった。

そんな彼を怒らせた。

彼が好きな女の子に無理やり乗りで電話させ、ふられたのを見てゲラゲラ笑った最低な俺達。

彼と一番仲が良かった俺が一番彼に怒られた。

そこから疎遠になった。

周りの友達が仲直りさせようと同窓会だ、飲み会だと何回も機会を作ってくれても、俺が意地を張り謝罪もしなかった。

「なんで俺にだけあんなにぶちギレやがったんだ」って気持ちがあったんだろな。

しまいには周りの友達とも、疎遠になった。

で、ある日、その疎遠になった周りの友達の一人から電話があった。

でも出なかった。

なかなかコールは終わらず、うぜーしつこいとしかその時は思わなかった。

その年、年賀状辞退の葉書がきた。

彼が夏に亡くなっていた。

あのコールは、「彼の葬式の誘いだったんだ」と、やっとわかった。

葉書に住所はなかった。

俺は、恥も外聞もなく、亡くなった彼の(疎遠になっていた)友達に頼み、彼の家に連れていってもらった。

頼まれた友達は嬉しそうに、「俺に、久しぶりに会えてうれしいわ」と言ってくれた。

亡くなった彼の家に行くと、彼は結婚してたらしく奥さんが応対してくれた。

風の噂で結婚したのは知ってたけど。

ま、喧嘩して20年以上たってんだから当たり前か、結婚も。

奥さんにあった早々、いきなり

「○○さんですね(笑)会ってみたかったんですよー」

俺「へ?」

「夫が、あなたが友達の中で一番面白かったよって(笑)」

俺は、その場で涙がボロボロと落ちた。

ここに連れてきてくれた友達も、奥さんも泣いてた。

奥さんが俺に、彼の伝言を教えてくれた。

「○○絶対来てくれるから、俺が死んだら(笑)」

そして、「これで仲直りですよ(笑)○○さん」 と奥さんは言った。

なんでもっと早く来れなかったんだろ俺。

いつか俺もお前のとこに行ったら、また突っ込んでくれよな。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ