私の名前は覚えていてくれた【夫の記憶】

私の名前は覚えていてくれた【夫の記憶】

私の夫は、結婚する前に脳の病気で倒れてしまい、死の淵をさまよいました。

私がそれを知ったのは、倒れてから5日もたってからでした。

夫の家族が病院に駆けつけ、携帯電話を見て私の存在に気が付き、連絡をくれたのです。

脳の病気という事で、記憶障害が出るといわれて、お見舞いに行ったのはいいのですが、私の事を覚えているのか、それさえもわかりませんでした。

病院でご家族や医療関係者と会い、彼の病状が深刻であるという事を再度説明を受けて、記憶も家族とかそのくらいはわかるけれど、当時30代だったのに自分は10代だと思い込んでいたりという事でした。

新しい記憶ほど抜け落ちているといわれ、正直私の事がわからないのかもしれないだろうと、覚悟を決めて病室に入りました。

すると、彼は私を一目見て、私の名前を呼んだのです!

お医者様が

「この人の事がわかりますか?」

と尋ねても、夫はそれに返事をする事すらできなかったのに、私の名前は覚えていてくれた!

思わず涙がこぼれました。

「なんで?なんで覚えていてくれたの?」

と彼に問いただしたかったし、

「神様に、私と夫の間の出来事で、たった一つだけ記憶を残してくれてありがとうございます!」

と、思わずわあわあ泣き叫びたいような、そんな気持ちでいっぱいになりました。

忘れられてしまう恐怖は、とても大きかったのです。

夫はその後半年間、脳に水がたまった事が原因で、意識不明になりましたが、半年後に再び目を覚ました時、やっぱり私の事を覚えていてくれました。

今でも、私達がどういう出会いをしたのか、一緒に出掛けた思い出などは何一つ思い出せません。

他にもいろいろな事を忘れてしまい、そんな中でよく私の存在だけは覚えていてくれたと思いました。

私とどこで出会ったか、どういう風に過ごしていたかなどは全く答えられない夫に

「どうして私の名前だけは覚えていたのかな」

と尋ねると、夫は

「他は何にも覚えていないけれど、好きな人だから覚えていた」

と笑ったのです。

それを聞いて、私は夫と結婚する事を決めました。

夫の症状は重く、今でも記憶ができません。

10分前に食べたものも忘れてしまいます。

たぶん、一生介護が必要でしょう。

だけど、すべて忘れてしまった中で、私の事だけは忘れないでいてくれた。

そんな愛情をくれた夫を、私は一生愛していきたいと思います。

介護は大変ですが、今でもすぐ忘れてしまう夫は、それでも私を日々の生活の中でよく探しています。

部屋の中で見当たらないと、声を出して私を呼んだりします。

私が姿を現すと

「あー安心したー」

と子供のようにいいます。

今、私と夫の間にあるのは、本当に愛情だけです。

お金や宝石や素敵なデートもない・・・

けれど、この人からもらえるものはたったひとつだけれど、これほど素晴らしいものをもらえるのを、私はとても誇りに思います。

大きな障害を持った夫と結婚した私を『同情だ』『後で後悔する』という人もいました。

お金もとってもかかります。

でも、結婚して数年経ちますが、私は今でも毎日が満たされた気持ちでいっぱいになります。

いつか、本当にどちらかがこの世からいなくなる日まで、ずっと二人でより添って生きていきたいです。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ