神様、なんで先輩みたいな人は報われへんかったんですか

神様、なんで先輩みたいな人は報われへんかったんですか

俺は高校三年生で、野球部を引退したばかりです。

世界で1番尊敬する先輩がいました。

野球は本当に下手で、一度も打席に立たせて貰った事がありませんでした。

それでも毎朝毎晩ずーっと練習してて、手はいつも血とマメでボロボロでした。

俺は先輩にある日『Mさん、なんでそんなに頑張れるんですか?』と聞きました。

先輩は、『頑張らんと試合出られへんやろ?』と答えて、また黙々とバットを振り始めました。

俺は先輩の努力に憧れ、それからずっと練習に付き合いました。

一緒に練習するうちに、だんだん可愛がってもらえるようになって、話もよくするようになりました。

ある日先輩は『俺なぁ…いつか、試合で打席に立つのが夢なんや。ショボイ夢やろ?』と言いました。

俺はなんにも言えませんでした。

でも結局、最後の練習試合(先輩はベンチ入り出来なかったので、練習試合が引退試合になりました)まで、出番はありませんでした。

最終回、なんと先輩が代打で起用されました。

先輩はすごい真剣な顔で打席に立ってました。

構えは不格好でしたが、俺は絶対打てると信じました。

結果は、ファーストへのボテボテ内野ゴロでした。

先輩は、全力で一塁に走りましたが、悠々アウトになってしまいました。

先輩の通算成績は、1打数0安打。

でも、誰よりも価値のある1打数だったと俺は思いました。

結局その年、甲子園には惜しくも届きませんでした。

先輩は引退する時、俺に泣きながら

『努力は絶対報われるからな。頑張れよ』

と言ってくれました。

俺は必死に頑張りました。

先輩に負けないぐらい練習しました。

そして、甲子園にでました。

大学からも誘いがあり、これからも野球が続けられるようになりました。

全部先輩のおかげです。

こんなに頑張れたのも、甲子園行けたのも、全部先輩の言葉のおかげでした。

でも、先輩は先月、電車事故で亡くなってしまいました。

仕事帰りだったそうです。

きっと仕事でも、フラフラになるまで頑張ってたんだと思います。

結局、俺は先輩に言葉で『ありがとうございました』としか言えませんでした。

今になって思います。

神様、なんで先輩みたいな人は報われへんかったんですか?

才能だけで生きてる人も居るのに…なんで先輩は死ななあかんのですか?

おかしいじゃないですか…。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ