相手のポカーンとした顔と、その子の嬉しそうな顔は今でも忘れられない。

相手のポカーンとした顔と、その子の嬉しそうな顔は今でも忘れられない。

昔、知的障害をもった子がサッカー部にいた。

でも、皆から邪険にされず(それでも子どもの障害者意識みたいなものはあったけど)仲良くしてて、そいつはゴールがどっちかもわからないのにがんばってて・・・。

ある日、接戦で2-2の試合をしていたんだ。

でも大切な試合じゃないし、良い経験になるからって全員とっかえひっかえで出してた。

で、試合の終了直前、俺がバックパスをその子にだしたのね。

そしたらその子、見事にオウンゴールきめちゃったわけ。

敵もその子が障害者だと知ってたみたいで、クスクス笑ってた。

んで、サッカーのことになると切れだすキャプテンが発した言葉が

「すげえよ○○!大逆転だ!!」

皆それに続いて

「ナイス○○!」

とか言ったり、ハイタッチしたりしてた。

相手のポカーンとした顔と、その子の嬉しそうな顔は今でも忘れられない。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ