将来の夢【本田圭佑さんの卒業文集】

将来の夢【本田圭佑さんの卒業文集】

ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。

世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。

だから、今、ぼくはガンバッている。

今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。

そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。

Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。

そしてレギュラーになって10番で活躍します。

一年間の給料は40億円はほしいです。

プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。

一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。

セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。

ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。

この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。


本田圭佑さんが書いた小学生の卒業文集を書き起こしたものです。

彼の卒業文集では、その当時笑い飛ばされたであろう「ACミランの10番になる」という夢を書き、それを実現させました。

夢を大きく持つことは大事ですが、実現に向け努力することが大切だということを、彼の今の姿を見て強く思い知らされます。

また、たとえ大人になったとしても、夢が変わっていたとしても、新たに夢をつくり、実現に向けて努力していきたいものです。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ