十円玉のほうが大きいと思う訳

十円玉のほうが大きいと思う訳

その子は、生まれながら知恵おくれでした。

幼稚園は、近所の子供たちと一緒に通っていましたが、

小学校に上がると、ちょくちょく学校を休むようになり、

一年生が終わる頃には、全く学校へ行かなくなってしまったそうです。

二年生になっても、三年生になってもその子は、

学校に行こうとはしませんでした。

そして、四年生に上がる頃、父親と、母親が話し合って、

養護学校に預ける事にしました。

養護学校には、寮みたいなものがあって、

勿論、家に帰る事はできませんでした。

四年生で入ったその子は、一年生の学習から

始めなければなりませんでした。

専門の先生が、主要教科を一対一で丁寧に教えていきました。

その日習った新しい事を、毎日毎日、

その子は母親に電話で報告していました。

ほんの少しずつでは、ありましたが一年間でその子は、

たくさんの事を学び、覚えていきました。

その子を、ずーっと教えていた先生が、

ある日、算数を教えようとしてお金の問題を出しました。

「ここに、五百円玉、百円玉、十円玉、三つのお金があります。

どのお金が、一番大きなお金ですか?」

と、その子に質問しました。

「十円玉」

と、答えるのだそうです。先生は、

「五百円なのよ」

と、教えましたが、同じ問題を繰り返すと、

どうしてもその子は、

「十円玉」

と、答えてしまうのです。

何度も、何度も、やはり答えは、十円玉だったので、

先生は、

「五百円玉と、百円玉と、十円玉では、五百円玉が、

一番たくさんのものが買えるのよ。

だから、一番大きいのは、五百円玉でしょ?」

と、言うのですが、

その子が

「どうしても違う、十円玉だ」

と言うので、先生は、

「それじゃ、十円玉のほうが大きいと思う訳を言ってごらん」

と、言ったそうです。

すると、その子は、

「十円玉は、電話が出来るお金。電話をするとお母さんの声が聞けるの!」

と話したそうです。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ