俺と一緒に居てくれてありがとう

俺と一緒に居てくれてありがとう

俺は小学校の時にいじめを受けた。

なぜかって?俺だってわからない。

『黒人!』

『外国人』

『死ね』

それが学校での日常だった。

でも、こんな俺にも友達はいた。

決して、多くはなかった。

4~6人位だろう。

その中には、転入してきた人が二人いた。

いつも5人くらいで遊んでいた。

すごい楽しかったなぁ~。

遊戯王などのカードゲームにはまってたなぁ。

まぁ、こんな感じで小6までずっと一緒だった。

だけど、いじめはやっぱりおさまらなかった。

前よりもひどくなった。

友達にも内緒で、自殺をしようとした。

リストカットもした。

スゴく、辛かった…

先生にも言ったが、何もしてくれなかった。

それ以来、人間不信になった。

でも、やっぱりその5人だけは居てくれた。

その5人のおかげで俺は生きている。

もしも、俺が友達もいないままだったらきっと生きてはいないだろう。

そして…中学生になった。

二人は私立へいってしまった。

とても寂しかった…

だけど、そんな俺を3人が慰めたりしてくれた。

スゴく、安心した。

いつの間にかいじめも無くなり、友達も増えた。

嬉しかった。

新しい友達と遊びはじめてからは、いままで一緒だった人と遊ばなくなった。

忘れかけてた友達との記憶…

でも、それを思い出させてくれたのが、自分でつけた『リスカ』だった。

リスカを見るたび自分は、あの人達がいなきゃ何も出来ないことを実感した。

俺はまた、その友たちと遊び始めた。

やっぱり、楽しかった。

俺は心のそこから思った。

『俺と一緒に居てくれてありがとう』

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ