体が弱くて何も出来なかったけど、今なら守れるからさ

体が弱くて何も出来なかったけど、今なら守れるからさ

私は昔から何事にも無関心で無愛想でした。

友達は多くても心から付き合ってる人も片手で数えるほど、恋愛なんて生まれてこの方2回ほどしかしていません。

しかし無愛想無関心じゃやっていけないご時世ですよ。

嘘言ったり笑顔を作ったり、そんなことばっかりしてたら苛められてしまって、小中と友達は本当に少なかったです。

そんな私にも中1から付き合い始めた彼氏がいました。

好きじゃなかったけど告白されたから付き合った、そんな感じです。

そして、高校生のある日から。

私は苛めっ子のいない少し遠くの学校を選び平凡に通っていました。

しかし、噂はよく届くもので、小さいころの噂が私の高校に流れてきました。

また私は悪夢のような苛めを受ける日々が始まりました。

しかし、ある日を境に少しずつ、本当に少しずつ私を苛める人は減っていき、半年もすれば入学当初のような優しい笑顔を大体の人が向けてくれるようになりました。

理由もよく分からず、また普通の生活を送っていました。

その3日後くらいに、隣に住んでいる同じ高校に通う小さいころからの幼馴染が、学校の階段から落ちて病院に運ばれたとお母さんから電話が来ました。

病院につくと、足を(名前が分からないけど)天井からぶら下げた紐のようなものに乗せていました。

そして、顔には殴られたような痣があり、病弱な幼馴染にしては珍しいなと思いました。

本人は「また眩暈がして階段から足滑らしたんだー」なんて笑っていました。

結局幼馴染は1週間ほどで退院をしてすぐにいつものようになりました。

私はお母さんから「ジュン君は病弱だし、危ないから毎朝一緒に登校したら?」と言われました。

私には前で記したように彼氏がいて、駅まで一緒に行くってのが日課でした。

少しいやだなーと思い幼馴染に話に行きました。

すると幼馴染は「彼氏と行きなよー」って笑って断りました。

少し困ったような顔をしていたので、コイツは「私が嫌いなのかー」なんて思ったぐらいでした。

そんなある日私は彼氏に振られました。

「お前以外に付き合ってる奴いるし、クールそうだと思って付き合ったらただの無愛想だし、つまんねーから別れる」と。

私は別に好きじゃないと自分で思っていたので「いいよ」と別れました。

が、やっぱり好きだったんでしょうか、すごく涙が溢れ出して、その苛め以上に辛く感じられました。

その時声をかけてくれたのは幼馴染でした。

「僕はずっとそばにいるよ、離さないよ、だから僕と付き合おう?ずっと好きだった」と。

私は傷心していたのもあり、すぐにOKを出しました。

幼馴染は前の彼氏以上に私を大切に扱ってくれましたが、逆にそれが鬱陶しく感じて、別れようかよ思っていました。

そんなある日、一緒に登校して靴箱で幼馴染が紙を握り締めてため息をついていた光景を見ました。

私はただの興味本位で幼馴染が見ていない隙にポケットから紙を抜き出しました。

「まだ懲りてないんだね」

「死ね」

「リンカと付き合ったんだって?キモ(笑)」

「また落とされたいのぉ?w」

私は紙に書かれた内容に目を疑いました。

私は幼馴染に「これ何?」と問い詰めました。

すると幼馴染は緩く笑って

「だってリンカ危なっかしいんだもん。

言ったじゃん、ずっと好きだったって。

僕はずっとリンカだけを見てたよ。

リンカは全然僕を見てくれないしさ。

でも僕は守ることが出来たら良かったんだ。

小中は体が弱くて何も出来なかったけど、今なら守れるからさ。

気にしないで!」

私は気づけていなかったんです、一番優しくて、大好きで、大切なかけがえのない存在は近くにいたことを。

声を出して泣くと幼馴染は優しく頭を撫でてくれました。

これからは彼を大切にする、そう決めたばかりでした。

学校が終わったある日、幼馴染は

「用事があるから先帰ってくれる?」

と言い私だけを帰しました。

そこで私が帰らなければ、彼はあんな風になる筈が無かったんです。

家でダラダラしているとお母さんがすごい形相で部屋に入ってきました。

彼が、あの私を苛めている女子たちに氷水をかけられ倒れたと。

彼は心臓が悪く走るのもだめで、無理して私の通学に付き合ってくれているレベルだったんです。

病院に駆け込むと彼は目を閉じて横たわっていて私は思わず「死んだの…?」と呟いてしまいました。

すると彼はゆっくり顔を上げていつもの様に優しく

「勝手に殺さないでよ。」と笑いました。

そう笑っていたものの、彼は私との通学やその日の氷水などが原因で体を壊し、学校を退学してずっと入院することになりました。

私は学校で苛められるようになりました。

そこで初めて知りました。

彼は

「リンカは良い奴だから、悪いところだけじゃなく良いところも見て」

と皆に言い回っていたそうです。

つまり、私の高校での苛めが減ったのも彼のおかげ。

私は馬鹿でした。

気づくの遅いし、ずっとそばにいてあげられないし、鬱陶しく感じたし。

私は朝と昼休みと夕方に毎日病院に通いました。

本当に大切なものは、そのときには気づかないかもしれない。

そして、その大切なものを自分が傷つけるかもしれない。

でも、後からすべては変えれるんです。

後から気づいても頑張って埋めれば良い、彼がそれを教えてくれました。

あれから8年経ちますが、今では彼そっくりの可愛い女の子と彼と三人で仲良く暮らしてます。

ちょっと風邪っぴきなので「あなたに似たんじゃない?」と笑いあうのがすごく嬉しいです。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ