三度の神頼み

三度の神頼み

俺は今までに三度神頼みをしたことがあった。

一度目は俺が七歳で両親が離婚し、父方の祖父母に預けられていた時。

祖父母は、とても厳しく、おまけに

「お前なんて生まれてこなければよかったのに。お前のせいで別れたんだ」

と何度も言われていた。

夜は寂しくて寝られず、毎日のように布団の中で声を殺して泣いていた。

ある日の夜、カーテンの隙間から柔らかい明かりが差し込んでいた。

俺はカーテンを開け、柔らかい明かりを探すように夜空を見上げると月がこちらを見るように優しく輝いているように当時の俺には見えた。

月の光は何でも願いを叶えてくれそうな気がした。

その時、始めての神頼みをした。

『父ちゃんと母ちゃんと一緒にいたい。神様、お願いします。』

願いは叶えられることはなかった。

親父は、その年の正月に一度だけ顔だしただけで、その後、2,3年に一度来るかどうかだった。

母親にも、離婚依頼一度も会うことはなかった。

そして俺は、いつの頃からか、人を心から信用することも涙を流すことも出来なくなっていた。

それから数年経ち、中学を卒業と同時に祖父母の元を飛び出し住み込みで仕事を始めた。

20才の時には、こんな俺でも彼女が出来き、そして結婚することが出来た。

とても優しくいい人だった。始めて心から信用することができたひとだった。

それから二年後、子供が生まれた。

しかし、左の手足、臓器などが未発達で多くの障害を持って生まれてきてしまった。

「もって、ひと月」と言われた。

夜、暗く静まり返った病院の待合室で俺は呆然としていた。

ふと窓の方を見ると月が見えた。子供の頃に見た月と一緒だった。 もう枯れはて流す事のないと思っていた涙が止まらなく出てきた。

『おれはどうなってもいいから、子供を助けて下さい』

二度目の神頼みだった。

床に頭を擦り付けて何度も言った。

でも、願いは叶えられなかった。

生まれてから僅かひと月で逝ってしまった。

それから三年後のこと、地元が不景気で会社が潰れてしまったため、俺は田舎を出て関東にいた。

彼女はこちらに知り合いがいないので何かあると不安だというので、俺は一人で来ていた。

そのせいで彼女は寂しい想いをさせてしまい、色々とあって彼女と離婚することになった。

でも、一年後に彼女が再婚したと聞いて少しほっとした。

その後、俺は地元に戻らずこちらで暮らしていた。

そんな時、偶然、ガキの頃からの友達と再会した。

こいつとは何故かウマが合った。

よく殴り合いのケンカもしたが唯一友達と呼べる奴だ。

四年ぶりの再会だ。

でも、友達といっても心から信用しているわけではなかった。

それから奴はよく俺の家で寝泊りするようになっていた。

再会しからひと月ほどのこと、奴は体調を崩し熱を出すようになった。

病院に行けと何度か言ったが病院嫌いの奴は行こうとはしなかった。

ある日、自分の家に戻ると言い帰って行った次の日、病院から電話がかかってきた。

家の前で倒れて救急車で運ばれたらしい。

慌てて病院に行くと癌だということが分かった。

あちこちに転移していて末期だという。

もって、半年だと言われたそうだ。

四年前、奴のある所にこぶのような物ができていた。

それが癌だったらしく、早くに手術していれば助かっていたかもしれないと医者が言っていた。

もし、四年前、俺が奴を病院に連れていっていたら死なずにすんだかも。

病院嫌いのアイツを無理に引っ張って連れて行けたのは俺ぐらいのものだ。

奴に「すまん」と謝ると、あいつは「お前、馬鹿か」と笑っていた。

俺は仕事が終ると毎日病院に行っていたが、奴が入院して一週間ぐらい経った頃、両親が来ていた。

奴は俺のことを「こいつ俺の大親友なんだ」と紹介した。

それを聞いた俺が胸が痛くなった。

そしてトイレに駆け込んだ。

俺のような奴を大親友と言ってくれた。

でも俺は・・・

情けなかった。

あいつを心から信用できなった自分が情けなくてトイレの中でうずくまって泣いた。

それから数日のこと、奴は弱音を一度も言わなかったが「まだ死にたくない」と、ぽつりと言った。

俺はその日、何も言えなかった。

ただ、泣いていた。

二人でずっと泣いていた。

その日の帰り道、ふと空を見ると月がでていた。

俺は月に向ってひざまずいた。

そうせずにはいられなかった。

『もう頼みごとはしないからお願いです。

俺は死んでもいいからアイツを助けて。

お願いだから何とかして下さい』

三度目の神頼みをした。

でも、駄目だった。

あいつも逝ってしまった。

あれから数年経ち、今現在、俺は独りで何となく生きている。

俺のせいで子供が逝った。

俺のせいでアイツが逝った。

俺のせいで・・・

自分は何で生きているのか何度も不思議に思った。

寂しくて苦しくてどうしようもない。

もう死のうとも思った。

でも止めた。

俺のせいで不幸にしてしまった人たちの罰だと思った。

だから、一生、寂しがって苦しがって生きていこう思った。

仕事以外では人と極力関わらないようにしている。

会社でもなるべく話もしないようにしている。

こんな俺でも好いてくれる女性も何人かいた。

でも、冷たく断った。

それで、いいと思った。

もう誰も不幸にしたくない。

息子よ。

大親友よ。

そして、俺に関わった人たち

ほんとにごめんな

いつか俺が向こうに逝った時、あいつらは何と言うだろう。

息子は「父ちゃん」と呼んでくれるだろうか・・・

あいつは、また「大親友」と言ってくれるだろうか・・・

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ