一人の男の子が向かいの団地を見ながら立っていました

一人の男の子が向かいの団地を見ながら立っていました

20年前、私は団地に住んでいました。

夜の八時ぐらいに会社からかえると、団地前の公園で雨の中傘もささず、一人の男の子が向かいの団地を見ながら立っていました。

はっきりいって気持ち悪い光景でした。

3月始めで寒い中。

家に戻り1時間くらいして、外を見るとまだ立っていました。

警察を呼んだほうがいいか迷いましたが、暴れてるわけじゃないのでほっときました。

その夜は疲れていたので寝ました。

朝起きて窓をみてみると、微動だにしてない男がまだ立っていました。

昨日の夜から雨はやんでいません。

私が見てから10時間。

明るくなったせいか男の子の姿がはっきり、わかりました。

14~16歳の青年でした。

うつむき、ふらつき限界の様子。

私は我慢ができずに、近くにより傘を彼に渡しました。

「大丈夫?どーしたの?」

と訪ねたのですが

「ありがとうございます」

とだけ言うと、それ以外は答えてくれませんでした。

何があったのか聞きたかったのですが、これ以上聞かないでくれと言わんばかりの様子。

私は家に戻りました。

それから彼は、6時間も立ち続けました。

気になり出したら調べないと気が済まないタイプの私。

向かいの団地に知り合いがいましたので、調べてみようと電話をしました。

すると、

「娘の彼氏だ!」

との事。

こんな事があるんですね。

話を聞いて、私は涙があふれました。

私の団地友達の娘さんは、急性白血という癌で1月前に16歳という若い年齢で亡くなってます。

その団地友達に話を聞くと、一度その青年と会ったらしいのですが、少し不良ぶってる彼氏がきにくわず、娘と一切合わせないようにしてたみたいです。

彼女の死、会えない苦しみ、お線香すらあげれず、彼は雨の中いたんでしょうね。

せつない。

今は36歳くらいになってるのかな?

素敵なお嫁さんがいるのかな?

あの時、自分が彼女の家に行けば迷惑がかかる。

だから我慢してずっと見守っていたんだよね!

16歳なのに。

今でもあのまっすぐな青年の姿が脳裏に焼き付いています。

君はかっこよかったよ!

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ