パソコン上手になったからいい仕事が見つかったんだね

パソコン上手になったからいい仕事が見つかったんだね

俺がまだ小学校に上がる前父親が交通事故で亡くなり、

母親は 女手1つで俺を育ててくれた。

家が貧しいため、県立高校を落ちた俺は私立には通えず、

定時制高校に進学した。

高校を卒業したものの、俺は勤め先も見つけられず、ぶらぶら

と毎日を過ごしていた。

そんな俺に母親は独り言のように

「そのうちいい仕事が見つかるよ」

と呟いては無理に明るく笑いかけていた。

ある日、母親は

「パソコンぐらい使えないと就職も難しいのかね」

と呟き、俺を電器店に連れていき、パソコンをローンで買った。

インターネット接続も店にまかせた。

帰り道、母親は

「25万円かー、こんな大金を使うのは父さんが死んで初めてだね」

と笑った。

ローン返済のために母親は、夜遅くまで働くようになった。

俺の方は無料のネットゲームを見つけ、

あまりの面白さに来る日も来る日もひたすらゲームばかりしていた。

俺がいつもパソコンに向かっているのを

パソコンの学習と思い込んだ母親は

「パソコン上手になった?いい仕事が見つかるといいね」

と言っては笑ってた。

ある日、母親が仕事先で倒れ、病院に運び込まれた。

俺はボロの自転車を1時間あまりこいで、病院に着いた。

俺の姿を見ると母親はベッドから起き上がり、

「ただの過労だよ。」と笑った。

「パソコン上手になって、

いい仕事が見つかったら自動車も買えるからね。」

と言いながら、汗だくの額をタオルで拭いてくれた。

それから数日後、精密検査の結果が出た。

「急性白血病であと3ヶ月あまりの余命だ」

ということを医師から聞かされ、

俺は頭の中が真っ白になった。

母親に負担をかけ通しで、

最近は期待を裏切ってゲームばかりしている自分が情けなかった。

家への帰り道、自転車をこいでいる俺の脳裏に、

母親との思い出が次々と浮かんでは消えていった。

家に着くと俺はRMTで自分のアカウントやアイテムを全部売りに出した。

かなりの安値なのですぐに買い手は見つかった。

翌日、その金で母親が好きなチーズケーキとヨーグルトを立派な店で買った。

病室を訪れチーズケーキを取り出すと見ると母親は驚いて

「お金はどうしたの?」とたずねた。

「パソコンのバイトで8万円手に入ったから」

と俺は嘘をついた。

母は心から嬉しそうににっこり笑って

「パソコン上手になったからいい仕事が見つかったんだね」と言った。

俺を信じきっている笑顔が辛くて顔を伏せた。

それから二週間ほどが過ぎた日の朝、母親は亡くなった。

がらんとした病室で一人で小物類を片付けていると、

看護婦さんが優しく慰めの声をかけた。

「パソコン得意なんですってね、 お母さんは毎日のように自慢してたわ」

その言葉を聞くやいなや涙がこみ上げてきた。

俺は体を震わせ、 大声を上げて泣き続けた。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ