カツ丼、あんまりおいしくなかったね【母さん、ごめんなさい】

カツ丼、あんまりおいしくなかったね【母さん、ごめんなさい】

今日正社員の面接行ったのね。

もうこれで11社目。

今まで全部駄目だった。

その日は車で母も用事があったし、近くだったんで

「母さんが運転するよ」

と付き添ってくれた。

駐車場の社内に母を待たせて、面接してもらった。

出てきたのは社長と人事課長。

社長が絵に書いたような悪人顔でさ。

たばこふかしながら履歴書見て

「何この転職回数?あんたもう36だろ?」

「働いた経験が長いったって、こんなの職歴なしも同然だろう?」

「精神の病気だかなんだかしらんが、うちでそんなの雇うわけない、辞められたら無駄だし、もう帰ってくれ。用はないだろ。終わり終わり」

車に戻ると母は面接には触れず、

「また寒くなるんだって、今ラジオで行ってた」

「ごはん食べて帰ろうか」って。

無言のままうどん屋に入って、カツ丼を食べた。

そしたら母親が「受かるといいねー」って言うからさ、俺答えに困っちゃってさ。

で、いろんな言い訳考えた末に正直に「いや、駄目だったんだ、今日も」といった。

母親、「また次も送っていくよ、カツ丼、あんまりおいしくなかったね」だってさ。

今頃になって泣けてきたよ。

情けねーなー。

就職してーなー。

今まで何やってたんだろう。

母さん、就職できたらおごってくれたお礼に今度は何かおごるよ。

うまくないカツ丼じゃないところに行こう。

この歳になって言うのもなんだけど、母さんごめんなさい。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ