だけど・・・せめて届かないだろうか。

だけど・・・せめて届かないだろうか。

葬式、行けなくてゴメン。

マジでゴメン。

行かなかったことに言い訳できないけどさ、せめてものお詫びにお前んちの裏の山に登ってきたんだ。

工事用の岩の間に作った基地さ、まだあったぜ。

置いてたエロ本はパリパリになってたけどな。

ってかあの頃はこんな青年誌でもエロ本だと思ってたんだな。ガキだわ。

んで、そのエロ本の奥にあった手紙の山。

なんだ?って思ったら、ラブレターだった。

そういやぁ二人して書いてたな。二人とも同じ人宛てにさ。

んでさ、まぁほとんど読めなかったけどさ、ある1行が俺の目に飛び込んできたよ。

「もし、俺がダメだったらシューチと付き合ってよ。あいつすんげぇいい奴だから。」

・・・バカじゃねぇの?お前。

なんだよ。

忘れてたよ。

お前がこんなヤツだって事。

すんげぇいいヤツだって事。

離ればなれになっちまってから、ホント忘れてたよ。

そんで俺がどれだけクソな人間か思い知らされたよ。

もうお前は帰ってこない。

今更俺が何を言っても届かない。

死んだ時はわからなかった死の実感。

だけど・・・せめて届かないだろうか。

お前だって見てたんだろ?この板。

本当に、ゴメン。ゴメンなさい。

あとさ、久しぶりにチアキに連絡した。

あいつ・・・お前が死んだこと知らなかったよ。

一緒に謝りに行くから。

お前の墓に。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ