おかんみたいなおかんになることが私の夢です

おかんみたいなおかんになることが私の夢です

高校の頃とにかくバイトと遊びではしゃぎまくってた。

無免で中型乗って馬鹿だからマッポに捕まったりしてお母さんに迷惑かけまくった。

バイトもキャバクラと他に掛け持ちして学校も公立の普通科で超多忙で通学費だけは自分で払ってた。

そんな中、高2~3までダイエットと忙しさで拒食症になった。

すごいガリガリになって普通の生活が辛くて眠くてイライラがずっとあった。

でもバイトも学校もしっかり行っていたが、毎朝おかんが作るお弁当を全く食べずに家においていったままにした。

ほとんど食事をとらず友達にも家族にも相当心配かけてた時期。

家族との仲に溝ができて、会話がほとんどなかった。

しかしやっぱり人間の本能。

いずれ食欲は出て来て普通の生活が出来るようになり、今ではその反動がきてるw

拒食症の症状も軽くなった頃の高校卒業間際、学校最後のお弁当がある登校日。

久々の朝の会話

「お弁当忘れてるよ。」

その日学校で丁寧に包まれたお弁当ばこを開けた。

母からの手紙が。

あなたがダイエットをする頃から母はお弁当を作らなくなり、

悲しいような…楽チンだったような…

一時期は本当にどうなるのか不安で仕方ありませんでした。

たくさん心配かけることをしてくれたあなたですが体だけは健康にね。

いずれあなたにも子供ができて、文句を言いながらお弁当を作る様子を思い浮かべると笑っちゃう。

でもあなたはママの娘。何があっても大丈夫。

これからも頑張ろうね。

学校で泣いた。友達に自慢しまくったw

泣きながら手紙入ってるよーって。

そのお弁当には私の大好きな母の手作りだし巻き卵焼きが入ってました。

うちのおかんは本当に料理がうますぎて、ピザも生地から手作りで、味噌とかも家で作ってます。絶品。

今私は19歳。

就職して1人暮らししています。

おかんのお弁当、なんでなんでもっと欲張って食べなかったんだろう。

人生最大の悔い。

今更だけどおかんのお弁当ってどれだけあったかくておいしかったのか思い知らされました。

あの愛情に勝てるものはこの世にないでしょう…

おかんみたいなおかんになることが私の夢です。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ