おかあたん、おかあたん、ぱっちりあけて

おかあたん、おかあたん、ぱっちりあけて

数年前、事故で1週間近く意識が戻らなかった私。

当然、その一週間はなんにも記憶はないんだけど、

夢で2歳半の息子をずーっと抱きしめてた。

とても暖かくていい匂いがして、心地よかった。

気づいたときにはベッドの上だったんだけど、

後で聞いた話によると、息子は毎日私の母に連れられて病院に来て、

私の横で「おかあたん、おかあたん、ぱっちりあけて(目を)」

と延々と言ってたらしい。

それが夢と関係あるのかどうかは分からないけど、

息子の存在が私の意識を呼び覚ましたのだと思う。

あの事故以来、なるべく穏やかに子供に接するように心がけてます。

人間、いつ死ぬか分からないから。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ