あの時私が泣いたのは、申し訳なかったからなんだよ

あの時私が泣いたのは、申し訳なかったからなんだよ

小さい頃、母親と水族館に行った時に、母親に買って貰ったソフトクリームを転んで落とした。

号泣してる私に母親は

「痛かったね、ママのソフトクリームあげるからね」

といってなだめてくれてた。

けど、私は本当は「母親が買ってくれた」ソフトクリームを落としたことが申し訳なくて泣いていた。

あれから13年経って、母親が死んだ。

私は、伝えることができなかった話を、死んだ母親の前で泣きながら話した。

ずっと前に「死ね」と言った事をずっと謝りたかった事。

彼氏が出来た事を報告しなかったこと。

お嫁さん姿を見たいって言ってたのに見せられなくてごめんね

など、たくさんの事を話した。

そんな時急にソフトクリームの話を思い出した。

そして死んだ母親に言った。

「あの時私が泣いたのは、申し訳なかったからなんだよ」

するといつからいたのか、父親が後ろから、

「お母さん全部知ってたよ。

あの時、お母さんは”○○が私の為に泣いた”って言って

泣いてたから覚えてる。ホント親子揃って泣き虫だ」

と言って、泣いていた。

嬉しくて悲しくて涙が止まらなかった。

謝ってばかりいる事が情けなかった

もっとありがとうを言えばよかった。

お母さん、本当にありがとう。

こんなとこでしか言えなくてごめんなさい。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ