3月9日

3月9日

レミオロメンの「3月9日」が流れるたびに、私は泣きそうになります。

両親は、私が10歳の時に事故死しました。

家族旅行に行っていました。

帰り道、高速道路を走っていると、大型トラックがスリップしてぶつかって来て、私達の車は、中央分離帯にガリガリと押し付けられました。

私は気を失っていて、気がつくと病院でした。

起きたのに、何でお父さんとお母さんに会えないのか分かりませんでした。

暫くして、目を真っ赤にした祖母が入って来た時、小さいながら全てを悟りました。 会えない状況にあるんだと。

父と母は重症を負っていて、喋るのもやっとで、顔は原型をとどめていませんでした。

そんな自分達に、私を会わせたくなかったんでしょう。

一週間ほど経ち、両親はほぼ同じ時刻に息を引き取りました。

私は最後まで、大人の事情で会うことが出来ませんでした。

お葬式は、沢山の人がいました。

みんな揃って泣いていました。

私は終始泣きませんでした。いいえ、泣けなかった。

そんな私を見て、親戚の人達は私を 「頭がおかしいんじゃないのか?」 などと言いました。

空っぽな家に帰ったとき、あぁ1人なんだ。 って実感しました。

その夜、祖母が私には、2人の携帯電話を差し出してきました。

ボイスメモのアプリを開いて。

私は、1つをタップして、聴き始めました。

1時間くらい、何度も何度も聴きました。

紛れもなく両親の声でした。

かすれた声で絞り出すように吹き込まれていました。


れい〜、元気ですか?

お父さんもお母さんも、れいを置いて行く訳じゃないよ。

けど、居なくなっちゃってごめんね。

お父さんもお母さんも、れいが大好きです。

だから最後にれいをぎゅーってしたかったなぁ。

これからは、れいをぎゅーってしてあげる事が出来ません。

れいが泣いている時、慰めてあげることもね。

でもね、これだけは覚えておいて。

貴方は、私達の娘です。

貴方の笑った顔が大好きです。

だから、どんなに辛くても、笑ってね。

お母さん達は、ずっとずーっと大好きです。

私達の娘に産まれてきてくれて、ありがとね。


私は、泣きませんでした。

笑いました。

ありがとう

って叫びました。

そのときに誤ってアップルミュージックを開いてしまいました。

すると勝手にレミオロメンの「3月9日」が流れ始めました。

「3月9日」は、事故の時も聴いていた、2人が大好きな曲です。

その曲を聞いた途端、とめどない涙が溢れてきました。

うずくまって声をあげて泣きました。


今でも泣きそうになるけど、私は強くなったよ。

ありがと。

これからも大好きです。

おすすめの泣ける話

泣ける話の投稿
Page TOPへ