髪を切った本当の理由

髪を切った本当の理由

妻が亡くなる前、闘病の際に「私が死んでも泣かないで」と娘と二人言われてました。

それから数日後、妻は息を引き取りました。

通夜の晩は私が会場で妻に付き添うこととし、当時まだ高校生だった娘は帰宅してもらいました。

葬儀の朝、中々来ない娘を心配してましたが、ギリギリで会場に現れました。

娘の髪が短くなってました。

「何もこんな時に美容室行かなくても」

と叱る私に

「お洒落なママとのお別れじゃん」

と娘は平然と答えました。

気まずい雰囲気のまま妻の葬儀が始まりました。

しかし、葬儀の終盤で髪を切った本当の理由が分かりました。

棺の中に花を添える際、娘が妻の手元に切った髪の毛の一束を添えました。

「お母さんこれからも一種に居るよ」

の一言に、私は現実を受け止めず泣く事を避けて居たのですが、涙を堪え切れませんでした。

「ずるい」

の一言の後、娘は泣きながら私に顔を押し付けました。

妻との約束は果たせませんでしたが、同じ淋しさで娘と心を通じ合わせ一緒に生きる覚悟を貰ったように思います。

おすすめの泣ける話

泣ける話の投稿
Page TOPへ