結婚するの楽しみだなァ

結婚するの楽しみだなァ

私には気の強い、しっかり者のおばあちゃんがいた。

身長が高くなって気にしていた思春期の私に

「あんた、でかいわねぇ」

と言ってくるおばあちゃんだった。

看護師の仕事が大好きで

老後もバリバリ働いてたし

「世界一周に行ってくる」と言ってしばらく帰ってこなかったり

友だちとのカラオケにハマって通いつめてたり

いつもパワフルだった。

私が二十歳になったとき、成人のお祝いのお金をくれた。

その後また会ったとき、お祝いのお金をもう一度くれた。

「おばあちゃん、前ももらったよ?またくれるの?」

って私は笑ってちょっとからかった。

おばあちゃんは

「あれ~あぶない、お金いっぱいとられちゃうところだった」

って笑ってこたえた。

その頃からおばあちゃんの家には、あちこちに

『〇月〇日●●さん14:00』

などの手書きのメモがたくさん貼られ始めた。

テレビで紹介される、認知症予防の食べ物をずっと食べるようになった。

「ボケないようにしないと」

が口ぐせになった。

何かを書くことでボケるのを防止できると聞いてから

一人暮らしをしていた私は、おばあちゃんと手紙のやりとりを始めた。

初めは整った字だったし、ちゃんと郵便で届いた。

でも、だんだん読めない字になって

漢字が減って

ひらがなとカタカナが混じるようになって

いつも同じことばっかり書いてて

住所もちゃんと書けないから郵便に出せなくて

代わりにお母さんが持ってくるようになった。

そうやって認知症はどんどん進行していって

おばあちゃんは私のことも誰なのかわからなくなって

「おばあちゃん元気~?」

って言っても

よそよそしく愛想笑いをして

会釈を返してくるようになった。

しゃべることも食べることもトイレの仕方も忘れてしまった。

「もう数か月ももたないだろう」

と言われた頃私は結婚が決まり、結婚相手を連れておばあちゃんに会いに行った。

コロナで面会できなくなり、数年ぶりの再会だった。

いつもは、ほとんど目をとじて

寝たまま、反応もしないと聞いていたけど

私が会いに行ったときには目を開けて起きてくれた。

「おばあちゃん、私結婚するよ」

「来月結婚式だよ」

「来年には子どもも生まれるよ」

「だからもう少し頑張ってよ」

って耳元で何回も声をかけた。

何年も前から

私のことが誰なのかわからなくなっていたはずのおばあちゃんは

まばたきが早くなって

首を縦に振って何度もうなずいて声を出してくれた。

おばあちゃんの娘である私のお母さんは

「こんなに反応するなんて」

ってポロポロ泣いていた。

私も泣きながら声をかけ続けた。

その1週間後、おばあちゃんは亡くなった。

「結婚式も赤ちゃんも、天国からもっとそばで見守ることにしたんやね」

ってお母さんは言った。

結婚式にはおばあちゃんの席も用意した。

昔ずっとやりとりしていた手紙に、いつも

「**ちゃんが結婚するの楽しみだなァ」

って同じことばっかり書いていたおばあちゃん。

遅くなったけど

おばあちゃんに報告できるのを待っててくれたんかなって思う。

最後までしっかり者のおばあちゃんだった。

ありがとう

おすすめの泣ける話

泣ける話の投稿
Page TOPへ