右手が使えなくなる

右手が使えなくなる

私は生まれつき体が弱く、よく学校で倒れたりしてました。

おまけに骨も脆く、骨折6回、靭帯2回の体に関して何も良い所がない

中学三年生の女子です。

重い病気という程の病気はもってないけど、目眩や麻痺などの症状がでる病気をもっています。

この事は友達や学校の皆には秘密にしていて、そのおかげかたくさんの友達と彼氏に恵まれています。

ある日、病気の診察で病院に行って「今日も何事もなく終わるんだな~」と思いながら先生の話を聞いていたら、話のワードに"右手が使えなくなる"という

おぞましい言葉が聞こえてきました。

流石にそんなに悪い状態だと思ってなくて、初めてその事を聞いたときは「嘘だ!だってフツーに手動かせてるもん」と誰の言うことも聞きませんでした。

でも、月日が経つにつれて右手の痙攣がひどくなって、今まで書いていた字は男子が書いた字みたいになってプリントに名前が書いてなかった時「この字は男子でしょ」と言われ恥ずかしくて前に出れませんでした。

だんだん使えなくなる右手を毎日のように見ていると辛くなって、親に当たったり、友達に冷たくなったりしていつの間にか自分の周りには誰もいませんでした。

その異変に気づいた私の彼氏は、私に質問をしてきました。

「どうしたの?」

「最近何か変だよ」

「何かあったなら俺が何とかするから」

とかとても優しくて、落ち着くような事を言ってくれました。

でも、荒れていた私は冷たく振り払ってしまいました。

それでも彼氏は私を説得して…私は諦めて全ての事を言いました。

話を言い終わったら彼氏は「気づいてあげれなくてごめん」と言って抱き締めてくれました。

それから4~5ヶ月たった今私は元気に毎日を過ごしています。もちろんあの時の彼氏とたくさんいた友達と一緒に。

私の右手はもう使えなくなってしまったけどその分人の大切さを知りました。

私は恵まれた。

私は今ものすごく幸せです。

泣ける話の投稿
Page TOPへ