万年筆さん

万年筆さん

生まれて初めて、万年筆をくれた人がいました。

私はまだ小4で使い方もしりませんでした。

万年筆をくれたので、その人のことを「万年筆さん」と呼びます。

万年筆さんは、優しくて、強い人でした。

ちょっと情けなかったけど(笑)

迷ってる時、いつもアドバイスをくれるんです。

でも、答えは明かさないので、正解は自分でみつける。

きっと万年筆さんは、私の人生のメンターなんでしょう。

私が小説に興味を持つきっかけを作ったのは、彼です。

私が将来の夢を決めたのも、彼に憧れたから。

優しい人になりたいと思えたのも、彼が居たから。

彼に夢中になってからは、彼のボロいアパートに毎日通いました。

放課後サッカーをするという日課は、彼のせいでめちゃくちゃです。

万年筆さんの買い物に付き合えば、2ケツで坂を物凄いスピードで降りれます。

めっちゃ楽しかったです。(帰りは地獄)

いつの間にか万年筆さんは、私の初恋になっていました。

薄氷がパリッて音を立てて割れるみたいに、万年筆さんは居なくなりました。

私が高校2年の夏でした。

机の上に置手紙がありました。


長いトンネルの向こうに行きます。君は追いかけて来てはいけない。

もし、辛くなった時は、多分僕も同じで辛い。

君が思ってるより僕は君が大好きだから。

君に初めて万年筆をあげた男より

PS・君の初恋は、叶ったよ。


万年筆さんは全部御見通しだったみたいです。

私の恋心も。

スーザン・バーレイの「忘れられないおくりもの」が大好きだったということも。

忘れられないおくりものに登場するアナグマは、亡くなる時、置手紙を残します。

長いトンネルの向こうにいきます。 

と。

後で知りましたが、万年筆さんは白血病でした。


万年筆さんへ

亡くなったんだから、貴方がこの手紙を読むことはないんでしょうね。

けど、なんか今私の傍らに気配を感じる(笑)

だから、読んでくれてると思っておくね。

私、小説家になったよ。

貴方に出会わなければ、小説なんて嫌いなままだった。

貴方に出会わなければ、愛を知らない子のままだった。

貴方に出会って、色んなことが分かった。

世界が綺麗だってことも、私は幸せだっていうことも。

私はきっと、お母さんになって、おばさんになって、おばあちゃんになるんでしょう。

天国か地獄選べって言われたら、そりゃあ天国だけど、

貴方が地獄に居るなら、地獄も悪くなさそう。

小説家なんだから、もっとボキャブラリーあるだろとか言われそうだけど、

めんどくさいなぁ(笑)

ありがとう

に全部のせするよ。伝わると思うから。

貴方に初めて万年筆を貰った女より

おすすめの泣ける話

泣ける話の投稿
Page TOPへ