ゲームセンターで出会ったのは、少し不思議な女の子でした(vol.2)

ゲームセンターで出会ったのは、少し不思議な女の子でした(vol.2)

※「ゲームセンターで出会ったのは、少し不思議な女の子でした」の続き

車で迎えにきてくれた。

「なんでアイツなんだよ…」

と思ったが、結果母親が来てもあまり変わらないので同じだった。

俺は彼女の荷物をずっと代わりに持っていたので、積みこむ。

俺「ごくろーさん」

妹「いえいえ」

彼女「こんにちは、わざわざありがとうございます。」

妹「こんにちはー」

妹は明らかにニヤニヤしていた。

妹「可愛いなー。同級生ー?」

俺「お前よりずっと年上だから」

彼女「いえ、全然気にせず接してくださいねw」

妹「こんな兄だけどよろしくお願いしますねー」

車内は女社会と化していたが、非常に和やかなムードで、

妹と彼女も気が合いそうな感じで俺は安心した。

車で坂をのぼる。

俺の実家はちょっと坂の上にある。

店がまったくないわけでもなく、いい感じの田舎だ。

家につくと、待ち構えていたように母さんが出てくる。

「いらっしゃい!遠くからお疲れ様」

彼女「いえいえ、よろしくお願いします。」

彼女は、こういうところで礼儀正しくて、当然のことながら少し驚いた。

気のせいか、母さんも妹も、よそよそしくて、落ち着かない感じだった。

無理もない。ダメ息子が急にこんな女の子を連れてきたら、

面食らうってもんだろう。

母さんと妹はまだ晩飯の準備中だったらしく、

彼女は手伝いたい、と言った。

俺は疲れてるんだから無理しないで、と言ったが、

どうしてもと言ってきかなかった。

俺「母さんエプロンあったっけ?」

母「あれがあったわよアンタのが」

彼女は俺が高校の家庭科で使っていたエプロンを身にまとった。

「どうかな?w」

恥ずかしそうにエプロンを着て彼女は言う。

俺「いいねー最高だよ。」

その様子を見て母さんと妹が俺の方を見て不自然にニヤニヤする。

俺は「ほっとけ!!」と心の中で連呼した。

彼女も台所についてできることを一生懸命手伝っていた。

うちの家族に混ざって、楽しそうだった。

俺はそれを横目に見つつ勝手口の裏口で一服していた。

俺も手伝おうとはしたが、アンタ失敗するから、と妹に阻止された。


その日は、カレーだった。

ウチのカレーはレトルトは使わず、スパイスとかも使って、

無意味に凝っているものだった。

みんなで食卓に着く。

俺は若干の気まずさを隠しきれなかったw

彼女「こんなに本格的なカレー、おうちで作れちゃうんですね~」

母「まーこだわりだすとキリがないのよね」

母さんは鼻高々だった。

彼女「おいしい!美味ですよこれ!」

彼女が笑ってそういうとみな口々においしいと言い出した。

俺「うん、やっぱりおいしいね。」

妹「たしかに美味、だねw」

ご飯が進みだすと、妹と母さんが動き出す。

母さんは、「うちの息子の何がよかったの~?」

とか笑いながら聞き出すし、

妹は妹で、彼女がオタ気質であることを知ると、

途端に自分の好きな漫画とかの話を振りだす。

彼女は彼女で、「わたし一発芸とかできるんです」とか

ワケの分からないことを言い出すし、そうするとうちの妹も悪ノリしだすし、

色々とてんやわんやなんだけど、楽しかったよ。

初めて食卓を共にしたのに。

そのあとも、妹が「今日は面白いテレビやってないから」と

言い出してアメトークのDVDを見だしたりした。

妹は終始馬鹿笑いしていて、

彼女も「正気ですか!?」とかケンコバのものまねを始めだして、

母さんがなんか果物食べる?と聞けば

彼女は味をしめて「正気ですか!?」と返したり、

いや、楽しかったんだよ。本当に。

夜も更けて、そろそろ寝る体制に入る。

彼女は、俺のベッドに寝かせてあげた。

疲れてるだろうし、明日もあるし、

なにより体調を崩さないかすごく心配だったので、俺たちは早めに寝ることにした。

俺は毛布をしいて、床で寝ることにした。

明日も、ある。

明後日も。

明後日も、終わったら、その次は…?

夜になると途端に辛くなる。

部屋で二人になると彼女に言われた。

彼女「今日はすごく楽しかった。本当楽しかった。」

かみしめるように言う。

彼女と日常を共にしていると、あの病室に帰ることが途端におぞましく思えた。

でも、彼女はもっと、ずっと、帰りたくないんだろう。

俺は彼女に「楽しかったよ。今日は疲れたし、早く寝よう。」

とだけ言ってから、ずっと考え込んでいた。

母と妹に、病気のことを言ってないのが辛かった。

正直、俺も誰かに相談したくてしょうがなかった。

彼女も寝て、妹たちも部屋にいるのを確認してから、俺は勝手口に一服しに行った。

電話をかける決心をした。

親父に電話をかけた。

俺はもう、誰かに話さないとどうしょうもなく辛くなっていた。

親父「おう、どうしたー?」

俺「遅くにすまん、実は…」

俺は、彼女のこと、彼女の病気のこと、今すごく不安なこと、

すべてを親父に赤裸々に離した。

男同士で、話したかった。聞いて欲しかった。

親父は多くは語らなかった。

そして、俺に言った。

「絶対、最後までそばにいてあげろよ。つらいと思う。

でもお前が弱音吐いちゃだめだろ。

いつだってそばにいてあげろ、男と男の約束だ。」

親父は古風で、頑固な人間だった。

そんな親父の言葉は、俺の胸に強く響いた。

絶対に最後まで一緒にいよう。何が待ってるか、分からないけど。

青臭い小僧の俺が一人でずっと抱えていたことが、

親父に話したことで、とても軽くなった気がした。

俺は親父に話して、すっきりした。

部屋にもどると、さっきまでの不安が嘘のように、スムーズに眠りに落ちた。

気付くと、窓から明かりがさしていた。

実家の俺の部屋は一つの窓にカーテンがなく、朝日は入り放題なのである。

起きると、彼女は俺の机で何かをしているようだった。

俺は寝ぼけていて、状況を読み込めず、目覚めて彼女がいること自体に驚いた。

朝飯を食べて、いざ出かけよう、となる。

前々から話していたが、彼女はとりあえず俺の育った町や場所を見て回りたいのだという。

俺は本当に楽しいのだろうか、と若干の不安があったが、

彼女がやっぱりどうしても、というのでそうすることにした。

彼女「今日は一日動きまわるねー!」

俺「無理しちゃダメだかんね。」

俺はさっそく車のキーを握って車をだそうとした。

すると彼女は珍しくぐずった。

俺はよく分からなくて、車乗らないの?と聞く。

彼女「自転車、あるよね…?自転車乗りたい」

俺「あ、そうなんだ。でも2台あったっけなー?」

彼女「そうじゃなくて。二人乗り…しようよ。」

俺「え?」

彼女「ずっとしてみたかったんだ…二人乗り」

俺「だめだよ、あぶないし、体に負担かかって疲れちゃうよ…」

彼女「わたし一度も二人乗りってしたことないんだよ…」

そう言われると、弱い。

かくいう俺も人生で一度も二人乗りをしたことがなかった。

だから怖い、ということもあったのだが。

俺「分かったよ。じゃあすぐ近くの俺の小学校まで、だけね。」

彼女「やったー!じゃあグローブ持ってこうよ!」

笑顔になってはしゃぎだすのを見ていると、仕方ないかって思えた。

彼女は「どう座るんだ?」ってつぶやきながら荷台にちょこんと座って笑った。

俺「それでいいんじゃないかなw

よし、じゃあ俺が乗るから一回降りて」

彼女「やったー!」

荷台に乗せて気付いたが、彼女は嘘のように軽かった。

家を出て、ろくに車も通らない農道のような坂道を下っていく。

彼女は、とてもごきげんだった。

彼女は歌い出した。

「かーみーさーまー!ひとつきいてくれよー!」

それは彼女が好きだった藍坊主のテールランプだった。

俺も楽しくなって、一緒に歌う。

「かーぜーきるー!あしをーぼくにくれよー!」

はたから見たら馬鹿丸出しなんだけど、

もう、どうでも良かった。

彼女はごきげんだった。色んな歌を俺に歌ってみせてくれた。

彼女は歌い終わると、

彼女「こら、拍手しろ!」

俺「どうやってすんだよww」

このやりとりを数回に渡って繰り返したw

そんなこんなで、近所の俺の母校の小学校に着いた。

土曜だったので、がらんとしていた。

少年野球のチームが、練習している以外、校庭もほかに人はいない。

俺「懐かしいなあ~。ここでよく、野球したんだー」

彼女「そうなんだー。すごい広いね…」

無駄に校庭だけは広い小学校だった。

彼女は少女のごとく駈け出した。

思いっきり走りだしたもんだから、印象的だった。

あまり息上がるのもよくないのにね…。

彼女「こっちに来て!」

彼女「これ、うんていだよ、なつかしーw」

彼女は無邪気に色んな遊具で遊びはじめた。

彼女は滑り台の階段を上がって、俺が登ると滑り降りた。

彼女「無限ループだ!」

俺「そうなの?w」

こんな調子だった。

俺たちは何故か滑り台の無限ループがツボに入ってしまい、

いい年してしばらくそこで笑いながら滑り台に興じた。

俺「いつまで経っても捕まらないww」

彼女「はやく追いついてww」

こんな繰り返しだった。

しばらくすると冷静になって二人して、

「え、これ何が面白かったの?」的な感じになった。

遠くから少年野球の声が聞こえる。

彼女「ねえ、あの少年野球にいたの?」

俺「うん、懐かしい。もうずっと前のことだけどね。」

彼女はしばらくぼーっと駆けまわる少年たちを見つめていた。

彼女「キャッチボールしよう。」

俺「大丈夫?無理しないでね。」

彼女はまた歌い出す。

「べーすぼーるのおとが鳴ったー、だれもぎゃらりーいないぐらうんどーってね。」

俺「何それ?」

彼女「知らないの?」

彼女は音楽の造詣も深くて、たまに俺の知らない曲も歌う。

そうするとちょっとぐずるんだけど、そういう時は決まって

すぐiPodとかで教えてくれる。

その曲はフジファブリックのベースボールは終わらないだった。

「フジファブリックか…」

その日はその曲にピッタリだった。

晴れ渡っていて、広いグランドに二人だけ。

俺はその曲に則って、「あとで炭酸飲料を買いに行こう。」

というと、彼女はやたら喜んだ。

「いくよ!」

俺がボールを投げると、彼女はしっかりキャッチ。

そしてイイ感じに返してくる。運動神経がよかったのか、

昔からあまり運動が得意でない俺はちょっとだけうらやましくもあり、楽しくなった。

ひとしきり小学校で遊ぶと、俺は彼女を連れて小学校の近くの駄菓子屋に行った。

正直、まだあるか不安だったけど、小学生の時はよく入り浸っていた。

彼女「すごい…こういうのって本当にあるんだね。」

俺「ま、田舎だからね…w」

駄菓子屋のおばちゃんには可愛がってもらった。

おばちゃん「はい、いらっしゃい。」

俺「こんにちは、富澤ですー」

おばちゃん「あら、富澤くん…久しぶりだねえ…」

彼女も笑って、

「こんにちは」と言った。

3人でしばらく談笑した。

おばちゃんは、

「この前〇〇君来てさ…とか、〇〇先生がね…」

と懐かしい話をたくさんしてくるため、俺は楽しかった。

店を出る。

彼女は退屈だったかな、って思うと彼女は買った駄菓子を抱えながら

彼女「すごいね…すごいね。あったかい。こういうの本当にあるんだ。」

とすごく喜んでいた。

彼女「富沢のこともっと知れた気がして嬉しいんだー

これが田舎かーふるさとかー」

彼女は高揚して何度も言っていた。

俺がいつも飲んでいたって教えてあげたチェリオを嬉しそうに飲んでいた。

そのあとは、彼女を連れて歩いて、疲れたら休んで、での繰り返しで

そこら一帯、俺にゆかりのある場所をめぐった。

路端の小川を指して、

「中学の時この場所によく自転車をつっこんで走って、

水上自転車大会って言って遊んだんだよ。」とか、

「このお宮にいつも初詣にきたんだ」とか、

「中学の通学路はここで、片想いの子が彼氏と

歩いてるの見てショック受けたんだー」とか。

それは、まったく中身のないしょーもないツアーだった。

でも彼女は、「わーすげー!」「こんな感じ?」

とか一つ一つ本当に生き生きとリアクションをとった。

小学校からさほど遠くない母校の中学校まで来て、彼女は突拍子も無いことを言い出す。

彼女「毎日、ここの中学校に通ってたんだね…」

俺「そうなるね。いやーなつかしいww」

彼女は正門からの道を指した。

彼女「で、ここを帰ったと…」

俺「うん、そうだね。」

彼女「わたしたち今から中学生ね、同級生の。ひゃーどうしよう。」

俺「ええー!?」

その日は時間が経つのも早く、時分はそろそろ夕方にさしかかろうとしている頃だった。

彼女「あ、富澤くんだ…!ねえねえ、良かったら一緒に帰ろ?」

俺「そのノリ続けんのー?」

急にこっ恥ずかしくなった。

彼女はこうなるとひかない。

俺「吹石じゃん…ま、いいよ。帰ろうか?」

彼女「やったー!」

彼女が手を差し出して手をつなぐ。

それまで幾度と手を繋いだことはあったけど、この時ばかりはなんていうか

すごく恥ずかしかった。

ちなみに、自転車は小学校に置いてあった。

普段爛漫な彼女が、この時は中学生になっていたのか、

急に無口になりだすもんだから、俺は焦った。

空も夕焼けに近づいて、俺は手に変な汗をかきそうだった。

俺たちには珍しく、話す言葉が浮かばなかった。

よく分からないけど、なんだかすごく初々しい気持ちになっていた。

彼女がそういう風にしていたからなのか、なんかいつもの調子とは違っていた。

どうせ自転車取りに行かなきゃ行けないから絶対行くのに、彼女は意味ありげに

「ねえ、ちょっと小学校寄り道してこっか。」と言った。

小学校につくと、彼女は疲れちゃったのか、校舎と校庭をつなぐ階段に腰掛けて

「ふう」と息を大きくはいた。

おれは気になって、「待ってて」と言ってすぐに自販で飲み物を買ってきて

彼女に手渡した。

彼女「ごめんね、いつもいつも迷惑かけちゃって…」

俺「何言ってんのさーwおいしそうに飲んで笑顔を見せてくれたらいいんだよw」

そう言うと、彼女はにっこり笑って、立ち上がった。

校舎の脇の犬走りにあったじょうろを持ちだして、水をくみ始めた。

俺「?何すんのー?」

彼女は、もう誰もいなくなった校庭に、じょうろで何やら描き始めた。

何をしているんだろう?

「ありがとう」

そこにはこんな文字が浮かび上がった。

俺はハッとした。

急いで彼女のもとに駆け寄った。

そうすると彼女の方から抱きついてきた。

彼女は泣いていた。

彼女「ずっと…これからもずっとずっと…一緒にいてくれますか?」

彼女の言葉が脳内をこだました。

俺「ずーっと一緒にいるよ。ずっとね。」

俺は深く抱きしめた。

彼女が泣き止むまで、頭をを撫でながら、

彼女は泣きながらも「うぇ…わんわん…」とおどけて見せた。

俺は、心が傷んだ。

俺はこの子にこれから何をしてやれるんだろう?

一緒にいて、共に歩く、それしかないと分かりながら。

彼女は半泣きのまま、背負っていた小さなリュックから、何やら取り出そうとした。

彼女は、リュックから色紙をとりだした。

そこには、俺があげたCOACHのデザインの

ネックレスをして笑っている女の子が描かれていた。

そしてわきに、「富澤へ。いつもいつもありがとう。」という文字と日付が書かれていた。

彼女「それね、私が考えたオリジナルキャラなんだ。

ネックレス、すごい嬉しかったから。お礼にね、描いたの。ありがとう。」

そういって涙目で笑って俺に色紙を渡した。

朝、机で何かしていたのはそういうことだったのか。

俺は、本当に嬉しかった。

今までもらった中で、これほど嬉しいものはないと言っても過言ではないくらいだった。

俺は、涙をこらえて、「ありがとう」と言った。

渾身の、心からのありがとうだった。

その絵は暖かくて、彼女自身のようにも思えた。

彼女の頭を撫でると、彼女は楽しそうに「わんわん!」と言った。

なんだかそれがとってもおかしくて、さっきまで泣いていたのに

二人して大笑いした。

もう楽しくなって、叫びながら校庭を二人で走りまわった。

もう辺りもすっかり夕焼けになっていて、徐々に暗くなりだしていた。

帰り道は上り坂だったので、俺が自転車をひいて、二人で歩いて帰った。

一番星が見え出していた。

彼女は「一番星!」と言うと、また歌い出した。

「さようならーあえなくなーるけどーさみしくなーんかーないよー!」

帰り道は、二人で大合唱だった。

夕闇、宵の口はテンションが高揚する。

「ほーしーになれたらいいなー!」

歌い合うと、あまりのひどさに二人で爆笑した。

彼女の魅力と言ったら、俺の知らないことをいっぱい知ってて、

俺にできないことがいっぱいできて、

一緒にいるとどんなものを見せてくれるか分からない

そういうところにあった。

この帰り道でも俺の前で急にタップダンスを披露して

「こういうステップがあってねー」と突然言い出したり、

空のグラデーションを見ては、こういう色合いの空を油絵で表現するときは

まずどんな色をおいてー、と色々嬉しそうに語ってくれた。

そのすべてを面白く感じさせてしまうのも、本当に彼女だからこそだった。

いつも早くのぼりきりたい坂道が、彼女といると永遠に続けとさえ思った。

振り返ると、空はとっぷり暮れていて、月があった。

彼女は「三日月さんが逆さになってしまった!」と叫んだ。

俺「今日も、楽しかったねー」

彼女「うん、昨日もだけど、すっごいすっごい楽しいよ。」

そういって道を進んで行って、とうとう我が家に着く。

これで、今日も終わってしまう。

楽しい時間なんて、すぐに終わってしまう。


家に着くと、昨日とは変わって母さん一人が

夕飯の支度をしていた。

俺「ただいま」

彼女「お邪魔します」

母「はいおかえりー」

歌いすぎた俺たちは些か声が枯れ気味だった。

妹は、俺たちが帰ってくるなり部屋からとびだしてきた。

妹「お二方帰ってまいりましたか!アツアツなことで!」

彼女「ただいま帰りました!留守のあいだ異常はなかったか?」

妹「異常なしですww」

この二人、もうすっかり気が合うようだった。

すると妹は「見せたいもんがあるんです」と彼女だけを部屋に連れてった。

俺はなんのことか察しがついた。

妹は服飾の専門でよく自作で衣装を作ってたから、それを見せたいんだろう。

俺に見せたって仕方ないし、同年代の女の子に見てほしいんだろう。

夕飯の時、彼女は興奮していた。

彼女「妹さんすごいですね!可愛い衣装たくさん作ってて…

わたしは服飾は専攻してないけどとても感激でした!」

妹は終始ドヤ顔だった。

妹と彼女は本当に気が合うようで、

それだけで彼女を実家に連れてきて良かったなあって思えた。

母さんは母さんで、

「うちの子になっちゃいなよ、娘増えたほうが嬉しいわぁ、富澤とチェンジで」

とか言い出すし、まあ男俺一人だから大変だったけど、それはそれで楽しかった。

晩御飯も一段落して部屋に戻ると、彼女は俺に聞いてきた。

彼女「今日は富澤の育った場所見れて楽しかったなぁ」

俺「いいとこだったでしょー」

彼女「ねえねえ、わたしが育った場所も見てみたい?」

それは意外な一言だった。今まで決して過去を語ろうとしなかった彼女だから、

俺はゲーセンで会う以前のことはあまり聞こうともしていなかった。

俺「正直、すごく見に行きたい。」

彼女「じゃ、さ。明日は朝早く向こう戻って、色々巡ってみよう。

行ったり来たりの渡り鳥だね~!」

彼女は手を広げて羽ばたくような仕草をしてみせる。

そういうことになった。

さすがに強行日程すぎないか?と思いつつ俺は彼女に早く寝て休むように促した。


俺たちは無駄に早起きした。

日曜だったので母さんも妹もまだ起きてはいなかった。

すると彼女は、「アイアンシェフの出番だー!」などと言い出し、

俺は「きたれ、アイアンシェフ!」というコントを朝からやらされた。

※参考:料理の鉄人 - Wikipedia

彼女はふざけながらも朝ごはんを作る、といって張り切り、

二人で一緒に朝ごはんを作った。

ベーコンを焼いてスクランブルエッグを作って、

野菜を切るくらいのことだったが、俺は楽しくて仕方なかった。

一緒に住んでいたり、夫婦の人は、ずっとこういう日が続くのか

いいなぁ、と俺は思っていた。

二人でバカ笑いしながら騒がしくご飯を作っていたから、

妹も母さんも起きてきた。

今日は俺たち二人で作る、と言い張って

妹はテレビの前、母さんは洗濯を始めた。

ああ、普通の生活だなってしみじみ思った。

朝ごはんを食べながら俺は不肖にも

「これは彼女の手料理…」と思いながら食べていた。

朝ごはんを食べたらすぐ家を出る旨を母さんと妹に伝えると

「さみしいねー」「もっといればいいじゃないー」と言われた。

そうしたいのは山々だよ、と俺は悔しかった。

もっと時間があればもっとゆっくりしていた。

この時ばかりは彼女と俺もただただ顔を見合わせるしかなかった。

荷物をまとめて、家を出る。

妹が車を出してくれた。

車に乗って、坂をくだる。妹が、「また来てくださいねー」と言うと

彼女がぼそっと「また来れるかな…」

と言ったのが心を突いた。

何もかも、次があるのか分からない。

彼女自身も、その不安と悔しさと戦っていたのかもしれない。

また、特急列車に乗る。2時間ほどの旅。

そこから在来線で1時間ほど。

それほど長い旅ではないのだが、

特急を降りた辺りで彼女の様子がおかしかったことには気付いた。

口数が減っていたのだ。

彼女は、自分から弱音を言うことは無い人だから、俺は嫌な予感がしていた。

在来線になると人が多くて座れなくなる。

俺は、途中駅で彼女を下ろした。

彼女は「なんで?」という顔をしていたが、 とりあえずベンチに座らせた。

俺「ねえ、大丈夫?様子が変だよ。無理してない?」

彼女「どうして?平気だよ?」

俺「いい?一番大切なのは何よりも体なんだよ?少しでも何かあったら言って」

彼女は悔しそうに言った。

彼女「あのね…少しだけ吐き気がするの…でも本当に少し。

でも言ったら絶対心配かけちゃうと思って…」

俺はやられた、と思った。大袈裟かもしれないが一気に血の気の引いた俺は、

「歩ける?」と聞きつつも彼女を揺らさないように強引におんぶして、改札をぬけた。

彼女は必死で「大丈夫だよ!電車に乗ろ!」と言っていたが、

俺は電車は座れないし人も多いからもうダメだ、と思っていた

彼女を傷つけたらだめ、少しでも無理させたらダメ、そう決めていた俺は必死だった。

もし何かあったら全てオレのせいだ、そう思っていた。

駅を降りて、必死でタクシーを止める。

さすがの彼女も諦めて、

「ごめんね…ごめんね…」と繰り返していた。

俺は必死だった。

俺「急いで、〇〇方面に向かってください!」彼女の自宅だった。

この時、タクシーの運転手がすごく良い人だったのが印象的だった。

彼女のことを車酔いか酒酔いをした人だと思っていたのか、

水飲む?といってペットボトルくれたり、

近道しますよ、といって渋滞の抜け道をしてくれたり。

初老の白髪のじいちゃんだったのだが、動転して入ってきた俺をなだめ、

落ち着かせてくれた。終始Jリーグの話をしていて、お若い方だった。

彼女はタクシーの中で涙目だった。俺はずっと肩を抱いていた。

窓を開けて車で走っているウチに、彼女の口数も増えてきて俺は安心していた。

彼女の家につく頃には、彼女にはだいぶ笑顔がもどってきていた。

俺は胸をなでおろした。

彼女はフラフラ歩き出した。

俺「こら、そんなに焦って歩いちゃダメだよ」

彼女「ここが、我が家です!でもどうせ呼ぶつもりだったから」

と笑って玄関先に立ってみせた。

俺は彼女の父さんと母さんに事情を話した。逐一電話報告もしていたが、

叱られることも重々覚悟の上だった。

しかし、ここまで一緒に来てくれてありがとう、と言われた。

とても、申し訳ないことをしてしまった気持ちになった。

大事をとって、彼女は少し横になって休ませることにした。

「富澤とわたしの母校に行くのー!」と言ってきかなかったが、

一番大事なのは体調だ。決まってる。

みんなで説得して、なんとか彼女を寝かせた。

そのかわりに俺は彼女が目覚めるまで家にいて欲しいと言われ、家にいることになった。

しばらく彼女が部屋で寝ているのを見守っていたが、居間におりて

彼女のお父さんとお母さんと話した。

空気は重かった。あまり話すことも見当たらないんだ…

とりあえず俺は、今日はすいません、と真剣に謝った。

母「気にしないでね。」

父「君はいつもいつも、娘の病室にやってきてくれるね。

君が来てくれるから、あの子はいつも本当に楽しくやっていられる。

謝りたいのは、ろくに何もできないこっちだよ。」

俺は、黙っていた。何を言っていいかまったく思いつかなかった。

母「あの子、本当にいつもいつも富澤君のこと話してくれるのよ。

富澤くん、私にもよくマメに連絡くれるでしょ。本当にありがとうね」

真面目な話はこれくらいだった。そのあとは、それを忘れたいかのように

テレビを見ながら、他愛もない世間話をしていたと思う。

しばらくすると彼女が起きてきて、

俺を部屋に手招きした。

「もう、すっかり良くなったから。部屋で話そ」と言われた。

彼女「今日はごめんね…。行きたいところたくさんあったのに…」

俺「それは仕方ないよ。でも吹石がなんともなくて本当に良かった。

それだけで俺は嬉しいよ。

辛い時は、辛いって言わなきゃだめだからね?」

そうすると彼女は揚々と歌い出した。

「愛とはあなたのためだととかいったらー!うたがわれるけどー

がんばっちゃうもんねー!!」

そう歌ってにっこり笑った。それはイエモンのlove love showだった。

俺「頑張っちゃうんだw」

彼女「うん、頑張る。」

彼女「だからさ、今日は聞いて欲しいんだ。」

彼女「今日はわたしの育った場所まわれなかったから、

私の昔話をしますーぱちぱち」

俺「きかせてもらおうじゃないか」俺も若干の悪ノリをしていた。

彼女「結論から言ってわたし中学行けてないです」

そう言って彼女は苦笑いをこぼした。

俺は驚いたけど、「なにかあったんだ?」と優しく尋ねた。

俺は、彼女の話に耳を傾けることにした。

彼女「わたし、中学の時体弱かったんだーだからね、しょっちゅう

学校休んでたんだー。」

彼女「本当にね、すぐ体壊しちゃうから。でもさ、あまりに頻繁に

学校休んでるうちに、ういちゃってさー」

彼女は笑いながら話しているけど、辛そうだった。

彼女「学校行くとさー。誰もまわりにいなくなってて…

昼ぐらいから行くと、給食泥棒とか言われちゃってさw」

俺は黙って彼女の目を見続けた。

彼女「いじめられてたとか、あんまり言いたくないんだけどさ。

ある日行ったらわたしの机ごとなくなってたんだー。

それで、あれ?学校くるんだ?とか言わちゃって。」

彼女「それから中学には行けなくなっちゃった。」

彼女「その頃なんだなー。友達もいなくてさー。

お兄と一緒にゲーセン行くのだけが本当に楽しかったよ。

アケゲーの人とのつながりとか、楽しさの共有とか、わたしは肌で感じた。」

俺はぐっと涙をこらえていた。

彼女「そこでね、本当に色んな人に会えたんだよ。」

彼女「わたしね、高校からは私立に行ったんだけど」

彼女「てて子、覚えてる?あの子とも本当に偶然ゲーセンで会ったの」

彼女「中学の時ゲーセンで出くわしてね、当時って、まだそんなに若い

女の子とかゲーセンにほとんどいなかったの。

だからお互いに気になって話したら意気投合して」

俺は話しいることが信じられなかった。彼女にとってゲーセンという存在が

ここまで大きいなんて、にわかには信じられなかった。

彼女「そしたらてて子は中高一貫の私立に通ってる子で、

少し遠いけど私はその高校に行こうって決心した。」

彼女「当時はね、うちの近くにもゲーセンがあったんだ。

っていうか、今よりずっとずっとあった。今は少なくなったよ。」

彼女「わたしはそこが好きだった。店長さんも優しくて、常連さんもたくさんいた。

たまにヤンキーとかもいたけど、大して気にならなかった。

てて子もね、うちの近くに住んでたんだ。」

俺「今、そのゲーセンは…?」

彼女「ないよ。潰れちゃった。」

彼女は苦笑いした。

彼女「それからは、高校は女子高だったけどとても楽しかったよ。」

彼女「いつもわたしがばかなこと言ってたけどw」

彼女の持ち前の明るさやアホなところはそこに由来するのかなあと思った。

彼女「だからね、わたしこんなにゲーセンが好きなんだー。

なんて言ったらいいか分からないけど。」

彼女は笑いながら話す。

今まで彼女がどうしてここまで

ゲーセンに入れ込むのか不思議に思うこともあった。

それが解けた気がした。

彼女「わたしね、ゲーセンがあったから楽しい高校に行って過ごすことができたし、

夢を持つことが出来て、美大に進学したんだよ。大袈裟かな?w」

俺「そんなことないよ。すごいと思う。ゲーセンっていいとこだしねぇ。」

彼女「富澤もいたしなあw」

彼女は凄く照れくさそうに、ぽろっとそんなことをこぼした。

彼女は夢を語りだした。

彼女「ゲーセン減らないでほしい。どんどん減ってる。

わたし、いろんな人が楽しめるアーケードゲームを作るのが夢だった。」

それを語る彼女は、いつにも増して真剣そのものだった。

凛とした視線で、かっこいいとさえ思った。

彼女「ゲーセンでしか味わえないドキドキがあるんだよ。

富澤はどんな時にそう思う?」「わたしはね」

彼女はまっすぐだった。まっすぐすぎて、胸が痛くなるくらいだった。

普段アホなことをけっこう言うくせに、まっすぐで、ひたむきで…

夢を語る彼女に憧れた。

俺は最初こそ笑って聞いていたが、

だんだんくったく無く夢を語る彼女を見ているのが辛くなった。

夢があって、それを追いかけてるってだけで人は眩しく見える。

でも、彼女が置かれている状況を思い出すと、俺はもうダメだった。

俺は夢を語る彼女の前で泣いてしまった。

「すごい…すごいよ…」と言ってボロボロ泣いてしまった。

彼女の前で、泣いてしまった。

彼女「ありゃりゃ、わたしそんな泣くほど感動するほど凄いこと言ったか…?」

と彼女は動揺した。

俺「絶対叶えようね、その夢…」って言いながら俺は泣いてた。

そうすると彼女もぼろぼろ泣き出して、

二人してわんわん泣いてしまった。

泣きながら抱き合った。

この時ばかりは俺も運命という言葉を信じた。

あの日、たまたまゲーセンに行って、偶然彼女を見つけて、

柄にも無く、自分から話しかけた。

あの日、まっすぐ家に帰っていたらどうなっていた?

俺はこの時彼女を一生守ろうと心に決めた。

これからどんなことが待っていようと、決心した。

それと同時に俺の中で、彼女にしてあげたいことが一つ増えた。

俺はその日は彼女が切望するので、彼女宅に泊まることにした。

彼女のお父さんと一杯やった。

彼女がビールをついでくれて、なんだか新婚にでもなった気分だった。

そのあと、なんとなく居間のソファで寝ることにした。

彼女といられる日常の時間が、少しでも多く続いて欲しかった。

その次の日も、結局俺は彼女宅にいることになったんだけど、

彼女はお父さんとお母さんと買い物に行くようで、

ついていったけど俺はなるべく家族水入らずを邪魔しないように徹していた。

荷物持ちとかしつつ、会話を聞く役目に徹していた。

俺はもう、十分彼女との日常を満喫した。

お父さんとお母さんだって、娘と過ごしたいに決まってる。

俺は流石に、空気を読んで最終日までいるのは避けた。

4日目の夜に、家に帰ることにした。

彼女とお母さんが作ってくれた晩御飯を食べて、俺は彼女宅を出ることにした。

彼女は、5日目の夜に病院に帰るという。

俺は、その次の朝に会いに行く約束をした。

俺「じゃあ、家族団らんを楽しんでね。」

彼女「もっといてもいいのに。」

俺「いや、明日で最後だし、お父さんとお母さんも俺がいたら色々やりづらいこともあるでしょ。」

彼女「次に会うのは、また病室だね。」

俺は黙った。

彼女「絶対、会いに来てね。待ってるから。」

彼女とずっと一緒にいて、離れると、とんでもないほどの虚無感に襲われた。

あれ、俺の日常って、こんなに何もなかったか?

と思うほどに電車の中でも、家に帰ってからも無気力になり、何もかも手につかなくなった。

無理もなかった。今まで不可能だった、彼女と普通の日常を送る、

ということが俺にとって楽しすぎて、本当に心地良かったからだ。

色々思い描いた。彼女が完治して、もう一度普通の生活をして、

一生、平凡に暮らしていくのを想像した。

彼女が病院に戻った朝、俺は一目散に駆けつけた。

早く、会いたかった。

俺は花を持っていった。

彼女の好きなトルコキキョウ。

病院にもどってすぐ花ってのもどうかと思ったが、少しでも彼女の気が紛れるなら、と思った。

病室に着くと、彼女に「ようこそ」と言われた。

彼女「なんでだろう、やっぱり変に落ち着くねw」

また、籠の中に戻されてしまったような気しか、俺にはしなかった。

それからの日々は割と穏やかに進んでいったと思う。

でも、俺は残された時間が迫ってきているのを感じていた。

病室で彼女に会えない時間が、苦しくて仕方なくなってた。

頻繁に病院に泊まるようになった。

いつのまにか、大学はまったく行かなくなっていた。


彼女が病院にもどってからしばらくすると、俺の誕生日が近づいていた。

そして、その約一ヶ月後に、彼女の誕生日だった。

俺は自分の誕生日の日にも、いつもと変わらず病室に向かった。

彼女にはちょろっと教えていたが、前日にも何も言われなかったし、

きっと忘れているだろうな、と思ってた。

病室に着くと、彼女がニヤニヤしていた。

その日はいつもよりだいぶ元気そうで、俺は驚いた。

彼女のお母さんが冷蔵庫からケーキの箱を取り出して、

小さなショートケーキを3つ取り出す。彼女は「おめでとう!」と言った。

俺が「ありがとうー」とビックリして言うと彼女はそのまま歌い出した。

「きょうはとくべつなよるさー!すてきなーゆめをみれたらなー!」

それはフジファブリックのbirthdayだった。

歌ってこちらを見て笑った。

ありがとう、と言って頭を撫でると、彼女は「わんわん」と小さく言った。

お母さんがいるから恥ずかしかったのだろうか。

俺は、彼女と会ってから少しでも彼女の片鱗を感じたくて、

彼女が良いと言った音楽や本は、家にいる時に狂ったようにチェックしていたから、

その曲もフジのそれだと、すぐ気付いた。

彼女「プレゼントがあるのです」

そう言って彼女は俺にマフラーを渡した。

彼女「それ、わたしの使ってたマフラーなんだ。これから寒くなるでしょ?

ここに来てもらうのに、風邪ひいたりとか心配だし…」

俺「うわーありがとう!」

彼女「あとね…」

お母さんが何やら包みから取り出す。それは格ゲーのアケコンだった。

彼女「これでもっと練習してねw」

俺は思わず吹き出してしまった。

素敵な誕生日だった。

病院にいながら、病気と闘いながら、どれだけ俺のことを思ってくれていたんだろう。

彼女の笑顔を見ながら、俺は決心した。

その日の後、俺は彼女が元気な日にそっけなく聞いた。

「やっぱり、ウェディングドレスとかって、女の子は憧れるの?」

彼女「それは憧れるよー!真っ白だしね。なんで?着せてくれるの?w」

俺「いや…wなんとなく聞いただけ」


彼女の誕生日まで、あと少しだった。

俺は、すぐさま実家に帰って妹に相談した。

ウェディングドレスのような衣装が作りたい、と妹に相談した。

妹は不審そうにしていた。

けど、ワケを話せることもなく、大学のサークルで必要なんだとかそれっぽい

理由をつけて、どうにかこうにか生地選びや作り方まで、一から聞いた。

何かできるなら、もう今しかない、そう思って必死になっていた。

悠長なことは言っていられなかった。本当に必死だった。

結果、不器用な俺には歯が立たず、かなり妹の力を借りて、

純白なドレスを作ったのだった。

それでも俺は妹と一緒に生地を買いに行ったり、生地を切ったり、

一緒にどういうデザインにしたいか草案を考えた。

二週間くらい、作るのに時間がかかってしまった。

俺はその間も、実家と彼女の病院を行き来したりしていた。

その出来は、決していいものではなかった。でも、白いドレスの形にはなっていた。

ウェディングドレスと言えば、そう見えないこともない。

手伝ってくれた妹には、本当に頭があがらない。

俺はこれを着た彼女の姿を想像して、ついつい口がにやけてしまった。

レスが出来上がったのは、彼女の誕生日の二日前の事だった。

ドレス作りは間に合った。

完成したときは嬉しくて本当に泣きそうになった。

俺は、それを宅配便で送るつもりでいたが、もう時間も迫っていたので

大きな紙袋にいれて、自力で、向こうの自分の家まで持っていくことにした。

このときは本当に寝不足続きで、目薬とフリスクが手放せなかった。

彼女の誕生日の日がやってきた。

まず、彼女の調子がよければいいが。行っても寝ている時が増えていたのだ。

そして俺は重大なことに気づく。

「俺、自分のタキシードとかねえじゃん…」

俺は仕方なく、スーツで行くことにした。ちょっと洒落たネクタイをすればいいだろう。

俺は、紙袋にドレスと想いを込めて、家を飛び出した。

そして、この日は俺にとって忘れられない日となる。

俺は途中でいい感じの花束を買っていった。

ブーケのつもりだった。

気分は新郎。楽しい気分で一杯だった。

病室に着く。彼女は、起きていた!

俺は心のなかで「やった」と思うと、彼女に向かって

「誕生日おめでとう!!」と言って花束を渡した。

彼女は一度「わっ」と言うと笑顔で

「嬉しいー!ありがとう~!」と言った。

笑顔が返ってくるのが嬉しくて、嬉しくて、もう仕方なかった。

彼女「スーツなんて気合い入ってるねーw」

俺「ちっちっちっ。今日はこれだけじゃないんですよ」

正直緊張で胸がやばかった。

俺は紙袋から、想いを詰めたドレスを取り出す。

「じゃーん!」

彼女「え!え!何これ!!ウェディングドレス!?」

彼女は途端に興奮して目をキラキラと輝かせた。

彼女「え、え、え、どうしたのこれ!?」

俺「俺が作ったんだーw」

俺は照れながら、誇らしげに答えた。

俺「着てみる?」

彼女「うんうん、着る着る!!」

少し、大変だった。お母さんとか看護婦さんを呼んで、

どうにか彼女が着替えられる体勢にした。

その後、

彼女「着替えるから待っててね。」

といわれてカーテンが閉じられた。

新婦のお色直しを待つ、新郎のような気分だった。

彼女「できたよー!」

カーテンが開いたその向こうには、

俺の作ったちょっぴり不格好な純白のドレスを着て、はにかむ彼女がいた。

「似合ってるでしょー?」

と彼女は笑いながら俺に尋ねた。

俺は、この日見たこの光景を一生忘れることはない。

彼女は、ただただ、綺麗だった。

嫌なことも辛いことも、何もかもがふっとんだ。

俺は彼女の手をとった。

そうすると、彼女は歌い出した。

「ばたふらいーきょうはーいままーでーの」

「どんなーときよーりすばらしいー!」

木村カエラのbutterflyだった。その歌は、彼女が歌い出すと

近くにいた看護婦さんまで歌い出した。

4人部屋だったんだけど、病室の人たちは笑って手拍子をしていた。

俺は彼女に向かって言った。

俺「一生にそばにいるね。」

彼女は「わたしも。」と小さく頷いた。

そういう流れだったのか、恥ずかしくて仕方なかったけど、

俺たちはお母さんやら患者さん、看護婦さんたちの前で

小さくキスをした。唇が触れ合うくらいの、優しいものだった。

そして何より、これが彼女との初めてのキスだった。

自然と拍手みたいのが起きてしまって、とても恥ずかしかった。

俺たちはお互いに見あって、笑いあった。

キスしたらそれがおかしくて、ふたりで笑いが止まらなかった。

その日は幸せのど真ん中にいた。

しばらく、スーツとドレスのままで二人で話した。

不思議な気分で、一生このままならいいのに、と願わずにいられなかった。

彼女はすごく喜んでくれた。

「ありがとう、すごく幸せ」と言ってつけている俺のあげたネックレスを握っていた。

「こんな日にはAnthemが似合う」と一人でフジファブリックのそれを口ずさんでいた。

しばらくするとお母さんが来て、

「写真撮るね。」と言って写真を撮った。

「何も言わなくても、幸せそうな顔してるねw」

そう言われたのが印象的だった。

俺にとって、彼女といられる日はいつも特別だったけど、

この日はそれ以上に特別だった。

楽しくて、時が止まれと思った。

この日が過ぎたあとも、しばらくは穏やかな日が続いた。

俺たちはいつも病室で一緒にいたけど、いてもいても足りないくらいだった。

普通だったら毎日毎日顔合わせてたら少しは退屈になったりするんだろうけど、

俺たちはどんなに話しても笑いが絶えなかった。

どうしてだろう、話しても話しても、もっと一緒にいたい、

そういう想いが募るだけだった。

彼女は病室でぼそっと100sのセブンス・ワンダーを歌って見せたことがあった。

彼女「この病院には七不思議があるんだよ。」

俺「へえ~何それ?」

それは彼女が勝手に考えたヘンテコなものだった。

実に下らない内容で、俺は一緒になって笑った。

俺「7つ目は?」

彼女「わたしが入院してることかなー」

俺はそれを言われて言葉を失った。

彼女「はやく、元気になりたいなー」

それが彼女が珍しく弱音を吐いた瞬間だった。

俺「すぐによくなるよ、必ずね。」

俺だって、すごく不安だったけど、信じるしかなかった。


12月になって、

クリスマスが近くなったあたりから、彼女の様子は徐々に変わり始める。

現実が、音を立てて彼女と俺に牙をむき始めた。

彼女は辛そうにしていることが増え、行っても一日話せないことが増えた。

クリスマスイブもクリスマスも行った。

クリスマスは、まだなんとか調子がよくて、少しは話すことができた。

正念場だった。俺はストレス性の胃炎に何回かなった。


年が明けた。

これほど世間の「あけおめ」ムードが恨めしかったことはない。

浮かれている人々が、すごく憎たらしく感じた。

この頃から、俺は彼女の両親とも連絡をより密にとるようにした。

そろそろ、いつ何が起こるか分からない状態、にまで来ていた。

そう、いざそういう状態になってからは、状況はみるみるうちに進展していった。

昨日までの状態が、次の日になれば嘘みたいになっていることも、ありうる。

俺はこの頃から、彼女との話せる時間を本当に、本当に、大切にした。

弱った彼女を見るのは辛かった。けど、優しく、笑顔で、話しかけた。

俺は今までも、楽しかった日のことは決して忘れないように日記にしたためていたが、

この頃から彼女の写真や映像もより積極的に撮るようにしていた。

刻一刻と、命の火が燃えていく気がした。

俺は、今、自分が何をしているのか分からなくて、

どうしようもなく辛くなるときもあったが、病室に行って彼女の顔を見て

どうにか耐えていた。

彼女の両親との協力は、不可欠だった。

しばらくすると、彼女はとうとう個室に移った。

病室に座る。

俺と、彼女だけ。

俺は優しく語りかける。

「今日は寒いね。」

「最近スパ4強くなったんだ俺ー」

「今度画材屋行こうと思うんだけど、何か欲しい?」

「俺はね、水彩色鉛筆がしたくて…」

返事が返ってこない日のほうが多かった。

たまに、すごくゆっくりだけど、答えてきたり、

自分から話そうとすることもあった。

彼女の両親と、俺で、彼女を見守る。

彼女は俺に言った。

彼女「富澤…いるの…?」

俺「いるよ!俺はここにいるよ!」

彼女は少し笑みをこぼしてみせた。

彼女「あのね…。少しだけね…言いたいの…。」

俺「ゆっくりでいいんだよ、俺は、ずっと、ずっと、そばにいるんだから。」

彼女「いつもね…一緒に…いてくれた…人…」

俺「うん、うん。」

俺は半泣きだった。

彼女の両親も、泣き出していた。

彼女「富澤は…わたしの…大切な人…」

俺「うん、俺も、吹石が大切だよ…」

彼女「わたしが…いなくなっても…富澤はきっと…しあわせに…なってね…」

俺「違うんだよ!!吹石も一緒に幸せになるんだよ、ずっと一緒なんだから!」

彼女は少し笑みを含んで、

彼女「こんなわたしを…大切に想ってくれて…ありがとう…ありがと…」

俺「うん、うん。」

彼女「わたしは…だいじょうぶ…たのしかった…」

彼女はゆっくりだけど、確かに、俺にそう伝えると、

そのあとお母さんやお父さんに懸命に、話していた。

俺は、泣きすぎた。

その日だけで一年分くらいの量の涙を流したかもしれない。


それから二日後、彼女は俺と両親に見守られながらこの世を去った。

享年24歳。

最後は安らかに、眠りに落ちるようだった。

俺はしばらく式やその他の彼女に関わることの整理で、忙しくなり、気が張った。

目の前で進行していく数々の出来事が、俺の脳をただただ通過していくだけだった。

彼女がいなくなったこと、続けざまに起こる法要、

俺は、ただ呆然としていた。

心にぽっかり、穴が開いた。

彼女のお墓の前に言った時、俺があまりに号泣しすぎて

周りにも奇異な眼差しで見られた。


気づいていた人は大勢いると思うけど、

俺と彼女は最初から最後まで「好き」という言葉を互いに

口にすることがなかった。なぜなのか俺にも未だに不思議なんだけど、

そんなこと口にしなくてもお互いが大切に想ってるって分かってたし、

一緒にいて共に過ごしてること自体がそういうことなんだから、

口にしなかったんだと思う。

言おうと思ったこともなかった。

誰かが磁石が惹きあうみたいって言ってくれたけど、それがすごくしっくりきた。

みなさん、ここまで付き合ってくれて、本当にありがとう。

ここまで書くのは、正直本当に辛かったけど、みんなの支えがあったおかげで、

途中で折れずに最後まで書けました。

一服、と言って泣いてることも実はけっこうありましたw


今は乗り越えたとは言えませんが、整理はつきました。

最後に、花言葉でしめた方がいいのでしょうか?

複数あるようですが、

彼女が大好きだったトルコキキョウの花言葉は、

「永遠の愛」です。

彼女のことはこれからも、ずっと想い続けます。

おすすめの泣ける話

泣ける話の投稿
Page TOPへ