お前さぁ、目見えねぇんだろ

お前さぁ、目見えねぇんだろ

俺はセイコーマートで働いて三年目になる。いつもくる小さな子の話を一つ。

その子は生まれつき目が見えないらしく、白い杖をつき母親と一緒に週に二、三度うちの店を訪れる客だった。

ある日、その子が一人で入口の前に立っている。

入口のドアが引くタイプだったので、俺はドアを開けてあげようとした。

その瞬間、同年代らしき糞ガキ二人が

「お前さぁ、目見えねぇんだろ?素直に親帰ってくるまで家でおとなしく留守番でもしてろよ。バカだなぁ」

といった。

さすがの俺も、障害をもった人間に冷たくする人間は許せなかった。

糞ガキ二人に説教しようと入口に向かったその時、ガキの片方が

「ほら、先に入れよ。ドア開けといてやるからよ。」

と言った。

そして、その子の手をつなぎ、

「何買いに来たんだ?」

と二人組の片方が言うと、その子は

「お母さんがすごい熱が出てるの。だから水枕に入れる氷買いにきたの。」

と言った。

そして、レジまで氷を持ってきたガキ達に

「398円です。」

と言うと、二人組が

「いいよ。俺が出しといてやるよ!そのかわりお前のお母ちゃんがよくなったら俺たちと遊べよな!」

といい会計をすました。

そして、きっとその子の家までだと思う。

ガキの片方が氷をもち、もう一方は、その子の手を繋いで帰っていった。

小さな子ども達の友情に感動!

おすすめの泣ける話

泣ける話の投稿
Page TOPへ