あなたの言葉で今に必死に人生にしがみつけてます

あなたの言葉で今に必死に人生にしがみつけてます

今まですれ違いが多くて、なかなか時間をとって話す機会のなかった父。

そんな父と時間をとって話す機会を得たのは、恥ずかしながら仕事でミスをしまくって会社から叱責を何度もうけていた時だ。

家に帰り、何気なく「もう仕事がしんどい…」とつぶやいた自分に、父は今週末飲みに行こうと言った。

近所の居酒屋で父と酒を飲む。家で飲むことは今までにもあったが、居酒屋で2人で飲むというのは今まで生きてきて初めてのことだった。

仕事のことなど、自分のことを一通り聞いた後、父が言った言葉。


お前が生まれた時な、なんともいえない不思議な気持ちになったんだよ。

初めての子どもだったからな。

この子は特別な子だってその時思ったし、今でもその気持ちは変わらん。

だからいくら辛いことがあろうが、苦しもうが俺、そして母さんがお前のことをそう思ってると思っていてくれ


自分に自信が無くなっていた自分にとって、すごく染みた言葉だった。

今でもその言葉を思い出してよく泣いてしまうことがある。

父さん、今も苦しいけど、生きづらいけど、あなたの言葉で今に必死に人生にしがみつけてます。

おすすめの泣ける話

泣ける話の投稿
Page TOPへ