父親の泣ける話 - (3ページ)

父親のこと

父親の存在は、母親にくらべると、少し距離ができてしまいがちですね。

最近は、「イクメン」なんて言葉がでるほど、父親が積極的に子育てする時代になりました。

それは、自分の父親の記憶に対する良い思い出からくるものなのか、または逆に悪い思い出なのかはわかりません。

父親は、いつも家庭の中で強くて、頼られる存在。

いつか自分が父親の身長を超え、ふとした瞬間、父親が小さく見えるときがくるかもしれない。

けれど、あなたの心の中では、父親の大きな背中が思い浮かぶのではないでしょうか。

そんな父親との思い出が詰まった泣ける話をご覧ください。

サブカテゴリから探す

父からもらったドーナツ

両親のこと > 父親のこと

学生時代、書類の手続きで1年半ぶりに実家に帰った時のこと。 本当は泊まる予定だったんだが、次の日に遊ぶ予定が入ってしまったので 結局日帰りにしてしまった。 母にサインや... すべて読む

父からもらったドーナツ

情熱だけは持ち続けろ

両親のこと > 父親のこと

いつなにがあってもおかしくない仕事だから、よく母に 「オレに何かあっても、お前らが苦労しないようにはしてる」 ってそう言っていたのを覚えている。 親父はとてもあつい人間... すべて読む

情熱だけは持ち続けろ

あの酒は親父と一緒に呑みたいから

両親のこと > 父親のこと

6年前に亡くなった親父。 決して良い父親じゃなかった。 いやな事があると酒を飲んでは暴れ、母親にあたってばかりいた親父。 思春期の頃から大っ嫌いだった。 でもそれ... すべて読む

あの酒は親父と一緒に呑みたいから

その紙には数字の羅列が書いてありました

両親のこと > 父親のこと

ポケベルがはやっていた時、私の父親もポケベルを持っていたんだけど、私がいくら説明してもうまく操作できなかった。 父親はその時から癌におかされていて、父親が死んだ時、病室の引... すべて読む

その紙には数字の羅列が書いてありました

耳が聞こえないことに負けたくない。父さんが負けなかったように。

両親のこと > 父親のこと

俺には母親がいない。 俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。 産まれたときから耳が聞こえなかった俺は、物心ついた時にはもうすでに簡単な手話を使っていた。 耳が聞こえ... すべて読む

耳が聞こえないことに負けたくない。父さんが負けなかったように。

愛の思い出があるかぎり、俺は一人じゃないし、淋しくも無い

両親のこと > 父親のこと

母が若すぎて困る。 私が高校生の時の家族写真を恋人に見せたら、 「妹さん可愛いね」 と言ってきた。 そんなに私は老けてますかorz 父曰く「今の君が大好きだ。」と新... すべて読む

愛の思い出があるかぎり、俺は一人じゃないし、淋しくも無い

パパサンキュー って番号だよ

両親のこと > 父親のこと

私の知り合いの若い女の子が、 お父さんに軽自動車を買ってもらったそうな その女の子は嬉しくて嬉しくてナンバーを 88-39 にした そのナンバーの事は内緒にしと ... すべて読む

パパサンキュー って番号だよ
泣ける話の投稿
Page TOPへ