父親の泣ける話

父親のこと

父親の存在は、母親にくらべると、少し距離ができてしまいがちですね。

最近は、「イクメン」なんて言葉がでるほど、父親が積極的に子育てする時代になりました。

それは、自分の父親の記憶に対する良い思い出からくるものなのか、または逆に悪い思い出なのかはわかりません。

父親は、いつも家庭の中で強くて、頼られる存在。

いつか自分が父親の身長を超え、ふとした瞬間、父親が小さく見えるときがくるかもしれない。

けれど、あなたの心の中では、父親の大きな背中が思い浮かぶのではないでしょうか。

そんな父親との思い出が詰まった泣ける話をご覧ください。

サブカテゴリから探す

あなたの言葉で今に必死に人生にしがみつけてます

両親のこと > 父親のこと

今まですれ違いが多くて、なかなか時間をとって話す機会のなかった父。 そんな父と時間をとって話す機会を得たのは、恥ずかしながら仕事でミスをしまくって会社から叱責を何度もうけて... すべて読む

あなたの言葉で今に必死に人生にしがみつけてます

都会の満員電車

両親のこと > 父親のこと

父が高校生の時に、僕の祖父が死んだ。 事故だった。 あまりの唐突な出来事で我が家は途方に暮れたらしい。 そして、父は高校を卒業し、地元で有名な畜産会社に入社した。 転... すべて読む

都会の満員電車

黙って撫でていた

両親のこと > 父親のこと

両親は、仲が悪いのだと思っていた。 冷たく見えるぐらい素っ気なかったから。 両親の兄弟姉妹などから、幼なじみで大恋愛だったとか、 周りの反対を押しきって結婚したんだとか... すべて読む

黙って撫でていた

あなたの父親が生活保護を申請しています

両親のこと > 父親のこと

両親は自分が幼い頃に離婚して、母が昼も夜も働いて私と兄を育ててくれました。 子供の頃に数回ほど会っていた父は、突然どこかに引越してしまい、唯一の連絡手段だった 携帯電話も... すべて読む

あなたの父親が生活保護を申請しています

父に会いたい

両親のこと > 父親のこと

自分は父の顔を知らない。 自分が2歳の頃、交通事故で死んだそうだ。 母に 「お父さんの名前、なんて―の?」 「お父さんの写真、見して!」 「お父さん、メガネかけてた... すべて読む

父に会いたい

あいつには真っ白い新しいの着せてやれ

両親のこと > 父親のこと

先天性で障害のある足で生まれた私。 まだ一才を過ぎたばかりの私が、治療で下半身全部がギプスに。 その晩、痛くて外したがって火のついたように泣いたらしい。 泣き疲れて... すべて読む

あいつには真っ白い新しいの着せてやれ

あなたは僕なんかといて幸せでしたか?

両親のこと > 父親のこと

いつも怒鳴っては怒ってばかりの親父。 いつも下を向いてはラジオを流して曲を聴いてた親父。 いつも作ってくれた飯を早く食いすぎて、遊びに行くと勘違いした親父。 いつも喧嘩... すべて読む

あなたは僕なんかといて幸せでしたか?

家族を持ったことがないから、どうしていいか分からない

両親のこと > 父親のこと

うちの父は何だか変な性格で、全然家庭人じゃない。 家のことなんて全くしない。 子供のようにわがままで、嫌なことがあるとすぐだんまりを決め込む。 私に対しても甘やかしたと... すべて読む

家族を持ったことがないから、どうしていいか分からない

おとーしゃんだ

両親のこと > 父親のこと

自分がまだ幼稚園児の頃だと思うのだが、 夜中にふいに目が覚めると、父が覗き込んでいて、いきなり泣き出した。 大人が泣くのを見るのは、記憶の限りその時が初めてで、 しかも... すべて読む

おとーしゃんだ

"はじめまして"と握手しながら口パクでいったんだ

両親のこと > 父親のこと

医師であった父は下咽頭癌だった。 数年前から首のリンパのあたりが腫れていて、検査では異常なかったのに。 まさかの末期癌と宣告されたみたい。 その時私は学校にいた。 ... すべて読む

"はじめまして"と握手しながら口パクでいったんだ

今日も、1日がんばれ

両親のこと > 父親のこと

俺は今高3なんだけど、10月26日に父親が死んだ。 凄く尊敬できる素晴らしい父親だった。 だから死んだ時は母親も妹も泣きじゃくってた。 それから2ヶ月くらいたった最... すべて読む

今日も、1日がんばれ

パパになったたけしへ

両親のこと > 父親のこと

俺の母親は俺が十二歳の時に死んだ。 ただの風邪で入院してから一週間後に、死んだ。 親父は俺の二十歳の誕生日の一ヶ月後に死んだ。 俺の二十歳の誕生日に入院中の親父から手紙... すべて読む

パパになったたけしへ

今日、高校に入って初めて弘の球を受けた

両親のこと > 父親のこと

私の父は、高校の時野球部の投手として甲子園を目指したそうですが、「地区大会の決勝で9回に逆転されあと一歩のところで甲子園に出ることができなかった」と、小さい頃良く聞かされてい... すべて読む

今日、高校に入って初めて弘の球を受けた

お前は体が弱いから

両親のこと > 父親のこと

小学校低学年でガンを患って以来、えらい病弱になった。 元々体は弱かったけど、ここ数年は年を重ねていくごとに弱っていくような感じだった。 冬なんて学校を休むのはいつもの事だ... すべて読む

お前は体が弱いから

金に困ったら質に入れろ

両親のこと > 父親のこと

大学が決まり一人暮らしの前日の日 親父が時計をくれた。 金ピカの趣味の悪そうな時計だった。 「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」 そういってた。 ... すべて読む

金に困ったら質に入れろ

あれ・・・明日遠足なのか

両親のこと > 父親のこと

小学生の頃、母親が入院していた時期があった。 それが俺の遠足の時期のちょうど重なってしまい、 俺は一人ではおやつも買いに行けず、 戸棚にしまってあった食べかけのお茶菓子... すべて読む

あれ・・・明日遠足なのか

お母さんと妹を頼む。二人の前で泣くな。

両親のこと > 父親のこと

高2の夏父が亡くなった。 期末テストの最中に1つ下の妹と呼び出され病室へ駆け付けた。 気丈に看護師で付き添っていた母が私達を見つけて泣き崩れて、父の最期を悟った。 妹も... すべて読む

お母さんと妹を頼む。二人の前で泣くな。

おまえの手が早く治るように

両親のこと > 父親のこと

私は右手に障害があります。 兄弟が二人いますが、彼らは生まれたときから幼児期の写真がたくさんあるのに私の写真はありませんでした。 両親に理由を聞くと、「カメラが壊れていて... すべて読む

おまえの手が早く治るように

ボロボロで指紋びっしりの写真

両親のこと > 父親のこと

俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。 見た目普通の写真なんだけど、実はその時父が難病(失念)を宣告されていて それほど持たないだろうと言われ、入院前に今生最後の写真は... すべて読む

ボロボロで指紋びっしりの写真

神様、おとうさんを早くあたしに返してください

両親のこと > 父親のこと

だいすきなおとうさん。 いつも一緒に笑ってた。 いっぱい喧嘩した。 いっぱい殴り合った。 いっぱいいっぱい迷惑かけた。 あたしが問題起こしたときも。 ちゃんと... すべて読む

神様、おとうさんを早くあたしに返してください

幼い頃からゲームは一切触らせて貰えなかった

両親のこと > 父親のこと

俺の親父は公務員で真面目。 歳を取ってからの子供なので、周囲からは甘やかされてると思われていたが、非常に厳しい親父だった。 そして変質的とも思えるほどにゲームを嫌っていて... すべて読む

幼い頃からゲームは一切触らせて貰えなかった

パパ、3年間もひとりにしてごめんね

両親のこと > 父親のこと

父を肺がんで亡くしました。 海外に単身赴任している3年間のうちに病魔に蝕まれたらしいです。 帰国したときにはもう末期で、手の施しようがありませんでした。 気丈で、一度も... すべて読む

パパ、3年間もひとりにしてごめんね

こんな馬鹿息子で本当にごめん・・・ありがとう

両親のこと > 父親のこと

俺自身の情けない話なんだが・・・ 俺の親父は仕事一筋、俺が小さい時に一緒にどっか行ったなんて思い出は全く無い。 何て言うのかな…俺にあんまり関わりたがらないような人って感... すべて読む

こんな馬鹿息子で本当にごめん・・・ありがとう

お父さんよりいい男を選びなさい

両親のこと > 父親のこと

私の小さい頃の夢はお父さんのお嫁さんになることでした。 お父さんに対して嫌いと思ったことも嫌だと思ったこともありませんでした。 周りの友達よりもお父さんとは仲良しだったと... すべて読む

お父さんよりいい男を選びなさい

あいつは、将来おれの病気を治してくれるんだ

両親のこと > 父親のこと

高校1年の夏休み、両親から「大事な話がある。」と居間に呼び出されたんだ。 親父が癌で、もう手術では治りきらない状態であると。 暑さとショックで、頭がボーっとしてて、変な汗... すべて読む

あいつは、将来おれの病気を治してくれるんだ

未読メッセージ一件 父ちゃん

両親のこと > 父親のこと

俺の父ちゃんは母さんを亡くし、俺と妹を一人だけでずっと育ててくれた。 父ちゃんは会社ではとっても真面目で無口なエリート社員らしいが、家ではいつも明るくしてくれて、母親の愛情... すべて読む

未読メッセージ一件 父ちゃん

それアンタと飲むのを楽しみにしとったんやで

両親のこと > 父親のこと

俺は親父が好きじゃなかった。 お袋とだったら何でも話せるのに、親父と本音で話したことなんてなかった。 親父は俺が18のとき死んだ。 心臓が急に止まったらしく、何の処置も... すべて読む

それアンタと飲むのを楽しみにしとったんやで

メロンパン

両親のこと > 父親のこと

ふと気がつけば、もう随分と昔の話。 学校帰りに東武のデパ地下を通りかかると、丁度パン屋でメロンパンが焼きあがったところだった。 試食させてもらうと中々美味かったので、俺は... すべて読む

メロンパン

まだ、使ってたんだ

両親のこと > 父親のこと

反抗期の時の話しなんだけど、今でも忘れられない。 幼い頃からずっと片親で育ってきた私は、父親と二人暮らしをしていた。 友達や親戚、誰から見ても、宝物の様に私を大事に可愛が... すべて読む

まだ、使ってたんだ

私の大好きなお弁当

両親のこと > 父親のこと

私の家は、俗に言う父子家庭でした。 お父さんはとにかく家事が出来ませんでした。 それはもう、笑っちゃうくらい。 お弁当に入れる卵焼きさえ、いつも黒焦げでした。 私... すべて読む

私の大好きなお弁当
泣ける話の投稿
Page TOPへ