友達の泣ける話 - (2ページ)

友達のこと

友達が多い少ない人も多い人も、涙するほどの出来事って、限られていると思います。

親や兄弟とは違って、遠い存在のようで誰よりも心を通わすことのできる関係であったり。

泣いたり、笑ったり、色々な体験をしながら一緒に成長しているのが友達ではないでしょうか。

そういう遠くて近い存在の友達だからこそ、家族とは違った物語があるものです。

1年に1回しか会わない友達であっても、会ったらいつでもバカ話ができるような関係っていいですよね。

友達に関する泣ける話を集めてみました。ぜひ読んでみてください。

貧乏でも、きっと暖かい家庭が出来ると思う。だからあたしは、それで十分なの。

身近な人のこと > 友達のこと

私の親友(♀)の話をしてみます。 その親友は一見おっとりして童顔なので、よく痴漢やそのテのフェチ男に遭遇する事が多かったけれど、本気の恋愛をした事がなかった。 幼い頃から... すべて読む

貧乏でも、きっと暖かい家庭が出来ると思う。だからあたしは、それで十分なの。

手話の先生

身近な人のこと > 友達のこと

小学生の頃、難聴の子がクラスにいた 小学生の頃、補聴器をつければ普通学級でも問題無い程度の難聴の子がクラスにいた。 彼女はめちゃくちゃ内気で、イジメられこそしてなかったけ... すべて読む

手話の先生

彼女のすてきなお弁当

身近な人のこと > 友達のこと

小学校高学年のとき、優等生だった。 勉強もスポーツもできたし、児童会とか何かの代表はいつも役がまわってきた。 たしかに、よくいえば利発な子供だったと思う。 もう一人ので... すべて読む

彼女のすてきなお弁当

僕とひろ兄のセーブデータ、最強にしといてね【ゲームボーイ】

身近な人のこと > 友達のこと

俺が小学生だったときの話。 ゲームボーイが流行っていた時期のことだ。 俺は車と軽く接触し、入院していた。 同じ病室には、ひろ兄という病人がいた。 ひろ兄は積極的に... すべて読む

僕とひろ兄のセーブデータ、最強にしといてね【ゲームボーイ】
泣ける話の投稿
Page TOPへ