おじいちゃん、おばあちゃんの泣ける話 - (2ページ)

じいちゃん、ばあちゃんのこと

人によっては、「孫は目に入れても痛くない」というほど、おじいちゃん、おばあちゃんは孫を可愛がってくれます。

よく「私は、おばあちゃんっ子」という人もいるぐらい、お父さん、お母さんよりも親密な関係な人もいるぐらいです。

でも、どうしても年齢的にも、近しい人との最初のお別れの相手だったりもします。

大好きだったおじいちゃん、おばあちゃんの思い出は、最後の最後まで大切にしたいものです。

おばあちゃんへ

家族のこと > じいちゃん、ばあちゃんのこと

これは、亡くなったおばあちゃんに向けて書こうかな。 少しの間私にお付き合い下さい。 おばあちゃんへ おばあちゃんが亡くなってやく5年だね。 早いな。あの時うちは小... すべて読む

おばあちゃんへ

味噌焼きおにぎり

家族のこと > じいちゃん、ばあちゃんのこと

僕には祖母がいる。 祖父は僕が生まれる前に亡くなった。 だから、祖母は大変だったらしい。 祖父は保険に入っておらず、残されたのは煙草畑と田んぼと仔牛くらいだった。 そ... すべて読む

味噌焼きおにぎり

おばあちゃんの書きかけのメール

家族のこと > じいちゃん、ばあちゃんのこと

うちは両親が共働きだったので、私は小さいころからおばあちゃん子でした。 いつもおばあちゃんの部屋に行って、おばあちゃんがしてるお裁縫を見たりしていた。 そして、夜のお散歩... すべて読む

おばあちゃんの書きかけのメール

おじいちゃんカマボコ大好きだったから

家族のこと > じいちゃん、ばあちゃんのこと

私が小学1年生の時に事故で両親が死に、それ以来おじいちゃんと2人で暮らしていた。 おじいちゃんは料理などできなかったけれど、私のために毎日質素ながらご飯を作ってくれた。 ... すべて読む

おじいちゃんカマボコ大好きだったから

ばあちゃん、いつまでもげんきでね

家族のこと > じいちゃん、ばあちゃんのこと

ばあちゃんのぼけは日に日に進行してゆき、次第に家族の顔もわからなくなった。 お袋のことは変わらず母ちゃんと呼んだが、それすらも自分の母親と思い込んでいるらしかった。 俺と... すべて読む

ばあちゃん、いつまでもげんきでね
泣ける話の投稿
Page TOPへ