黙って撫でていた

黙って撫でていた

両親は、仲が悪いのだと思っていた。

冷たく見えるぐらい素っ気なかったから。

両親の兄弟姉妹などから、幼なじみで大恋愛だったとか、

周りの反対を押しきって結婚したんだとか聞かされても、到底信じられなかった。

母が子宮癌で手術を受けた。

手術の終わる時刻を見計らって病院へ行くと、父が母のベッドの傍に座り、好きな歴史小説を読んでいた。

麻酔から覚醒したのか、母が痛い痛いと呻きだした。

父は即座に小説を閉じ、母の右手を両手で包み込んだ。

『ユミ、大丈夫だよユミ…』

まだ意識が戻りきっていないながらも、父の声に母が反応して答えた。

「タカちゃん…痛いよ…タカちゃん…」

父と母が名前で呼び合うのを聞いたのは、それが初めてで、最後だった。

母の通夜の後、棺の中の母の頬を何度も何度も父は撫でていた。

黙って撫でていた。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ