貧乏でも、きっと暖かい家庭が出来ると思う。だからあたしは、それで十分なの。

貧乏でも、きっと暖かい家庭が出来ると思う。だからあたしは、それで十分なの。

私の親友(♀)の話をしてみます。

その親友は一見おっとりして童顔なので、よく痴漢やそのテのフェチ男に遭遇する事が多かったけれど、本気の恋愛をした事がなかった。

幼い頃から家庭の事情で色々苦労したりしていた親友には、『良い人がいたらいいなー』と思っていた。

そんな親友に彼氏ができた。

結構イケメンで背は高くないけれど、優しそうな人だった。

ぱっと見では遊んでいそうな外見の彼氏だったけれど、そんな外見とは裏腹に結構まじめで何事にも一途な人。

そんな彼氏だから、仕事が忙しくなると親友はよく一人で寂しがっていた。

けれど、親友は頑張って付き合っていた。

そして昨年、その彼氏が親友を連れて彼氏の実家に帰省した。

その時の事を親友はよく話してくれた。

「彼氏さんのお家はあんまり裕福じゃなくて、お父さんもいなくて、彼氏さんは幼い頃からずっと苦労して家を支えていたみたい。

だからかもしれないけど、お母さんがあたしが来るからと聞いて、山ほどのお料理を用意して待ってくれていたの。

どのお料理もお母さんの手作りで、どれも普通の家庭料理だったけれど、すごく優しい味で、とってもおいしかった。」

その帰省から親友は、寂しくても泣かなくなった。

今年の11月、彼氏は実家にあった借金を全部返済しおわった。

彼氏が幼い頃、父親が多額の借金をしたまま蒸発して、母親と彼氏の二人が必死にその借金を返済していた事は、親友も11月まで知らなかった。

その二人が、来年結婚する。

彼氏は貯金ゼロだけど、親友は迷うことなく求婚を受けたそうだ。

「貧乏でも、きっと暖かい家庭が出来ると思う。だからあたしは、それで十分なの。」

そう言って私に婚約の報告をしてくれた親友の笑顔を見て、私は思わず号泣してしまった。

親友も彼氏も、頑張った人独特の良い笑顔だった。

この二人なら絶対に幸せになれると思う。

こんな二人の友達で、私はちょっと誇らしく思える。

次は私が頑張らなきゃって思った。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ