細くなった背中は震えてた

細くなった背中は震えてた

もうすぐ51歳になる5月を目前に余命宣告をうけたお父さん。

体調良くないわぁ。。

と、こぼしてたけど『仕事が忙しいせいだ』と誰も疑わなかった。

咳が止まらなくなり、ようやく出来た休みの日に、町医者に行ったらすぐに大病院へ。

即入院、そして余命宣告。

後悔しかなかった。

でも諦めたくないからいっぱい調べて色んな病院行って、好きな事沢山しようって決めて孫と遊んで。。。

それでもどんどん痩せて行ったお父さん。

入院中、私に背をむけて寝ていたお父さんが

「ちょっと、手ぇ貸して」

と言ってきた。

私は何か手伝って欲しいのかと思い

「何したらいい?」

と尋ねると

「えーから、手ぇ出して」

と。

何か分からず右手を差し出したら、背を向けたままギュウっと握った。

細くなった背中は震えてた。

とても長い時間に思えたけど、きっと数秒の事だったと思う。

「ありがとう。もうええわ」

と手放した。

その2日後に逝ってしまったお父さん。

本当に不器用なお父さんなりの私へのサヨナラだった。

泣いてるとこも見せたくなかったんだよね?

言葉には出来なかったんだよね?

わかってるから安心してね。

私は元気に、お母さんやってるよ。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ