私もお母さんちで楽しくやってるよ

私もお母さんちで楽しくやってるよ

私が十二歳くらいのときの話。

両親は離婚していて、私は父と母の家を行ったりきたりしていた。

クリスマスに母に会いたくなり、サプライズで父には「母に連絡した」と嘘ついて、連絡しないで母家に行った。

すると、母の彼氏がきていた。

母は笑顔でむかえてくれたんだけど、母の彼氏がかなり不機嫌そうな顔をしていた。

子供なりに『やばい』と思って家を出た。

で、公衆電話で父に電話していたんだけど、「今同僚が家にきている」と父。

楽しそうだったし、女性の声がしたような気がして(結局気のせいだったんだけど)

『帰りたい』と言い出せなくなって、

「私もお母さんちで楽しくやってるよ」

と嘘をついた。

で、どうしようもなくて、寒いしお腹すいたしで、結局母家にUターンした。

インターホン鳴らすと母が慌てて出てきて、

「お父さんのところに帰ったんじゃないの?」

私が「やっぱりお母さんのところがいい」と言うと、いきなり母の彼氏がやってきて、玄関に連れ込まれ殴られた。

母は必死で止めてくれて、私も逃げようとしたけど、腕をひっぱられて二発くらい殴られ、額から血が出た。

大人に殴られたなんて始めてだし、そいつが

「お前なんかしんじまえftgyふじこlp」

と叫んでいるのが、どう見てもひどく酔っぱらっていると思って、必死で隙をついて逃げた。

母は追いかけてきてくれなかったし、頭ががんがん痛くて泣きながら歩いた。

とりあえず、父に電話をかけようと公衆電話のあたりに行ったら、なんと父が走ってくる!

父は私が血を流しているのを見てびっくり仰天。

ハンカチで額を押さえてもらいながら、泣きながら事情を説明すると、父は怒り狂って母の家に行こうとしたんだけど、一人になるのが嫌で必死で止めた。

父はまだ怒っていたけど家に帰り、手当をしてもらった。

クリスマスどころじゃなかった。

父がなぜあそこにいたかというと、

「電話から車の音が聞こえた気がした。外にいるのにどうして母家にいると言ったんだろうと考えると、気になって母家に行こうとしているところだった」

と。

それから父は母と頻繁に連絡を取り合い、男は警察に。

どういう判決になったか知らないけど、母は彼氏と別れた。

私は母が好きだったんだけど、もう怖くなってしまって、あまり母の家を訪れることはなくなった。

母のことは今となってはあまり好きじゃないし、私より彼氏を選んでいたんだなと思う。

でも、寒い中走ってきてくれた父の姿を思い出すと今でもうれしくなる。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ