私、笑ってるあんたの顔好きだよ

私、笑ってるあんたの顔好きだよ

高2の夏、僕は恋をした。 好きで好きでたまらなかった。

その相手を好きになったきっかけは、 僕がクラスでいじめにあって落ち込んで、生きる意味すらわからなくなって一人教室で泣いていた時に 彼女がそっと僕に近寄って来て、 「○○に涙なんて似合わないぞ。ほら、笑いなよ!私、笑ってるあんたの顔好きだよ。」 といってくれた。

それからは僕は、いじめられてもずっと笑ってた。 泣くこともやめた。

そうすると次第にいじめもなくなって気がつけば友達もたくさんできていた。

あのときの僕を救ってくれたのは間違いなく彼女の一言だった。 それ以来ずっとずっと彼女を想い続けて気がつけば高校の卒業が近づいていた。

その間何度も何度も告白しようとした。 でも好きだから、好きすぎたから失うのが恐くて実行はできなかった。

しかし、卒業が間近になってようやく覚悟を決めた僕は卒業式の日に彼女に告白することを決心した。 そんな卒業式の三日前の朝、 いつものように彼女におはようを言おうと思って教室を見回したが彼女の姿はない。 入試も近いし、今日は休みなのかと気を落としていた。 そのとき担任の先生が暗い顔をしながら教室に入ってきていきなり僕たちにこう告げた。 「××さん(彼女の名前)が昨日、学校の帰りに車にはねられ意識不明になり、今朝病院で亡くなりました・・」と。

何を言ってるのかわからなかった。

状況が理解できない僕はみんなが泣いてる中で泣くことすらできなかった。

そしてお通夜の日、棺おけの中にいる清められた彼女の姿を見た時になってようやく涙がこみ上げてきた。 祭壇目をやると彼女の写真が目に映った。 彼女は笑ってた。

そのときふと彼女が僕に言ってくれたあの言葉を思いだした。

僕は笑った。

他の参列者の目には人の死を前にして笑顔を浮かべる僕はどう、うつっただろうか?

それでも僕は彼女の写真を見ながら笑った。

彼女の死から2年がすぎ、クラスで同窓会をした。 その時にクラスの女子から高校のとき、彼女が僕を好きだったという事を教えられた。 僕はその瞬間初めて泣いた・・。

声をあげて泣いた・・。

それからまた僕は笑った・・。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ