神戸の人にとって自衛隊はヒーローやねん

神戸の人にとって自衛隊はヒーローやねん

当事者にとっては、自衛隊がどう遅れたかなんてわからんし、警察も自前の警察署がつぶれて、総がかりで中の埋まった署員を助けようとしてるねん。

でも、その掘ってる横に机を置いて、(自分も掘りたいだろう気持ちを抑えて)俺らの言う

『誰がどこに埋まってる』

とかの調書も、同時に取ってるわけよ。

本当に異様な光景で、誰も助けてくれへんという無力感が漂ったとき

どこまでも続く道のかなたから

自衛隊の車列がたくさん見えたとき、みんな拍手して

道に駆けつけたもの。

どれだけ嬉しかったか。

あの人らプロやから、もーすごい勢いで掘り起こしてくれるの。

中の人は助かってないことが多かったけど

俺ら、あそこの中で生き埋めになってるかもしれない思うだけで

体かきむしりたい思いやったから。

生きてるにしろ死んでるにしろ、埋まった人が出てくるということは嬉しかった。

大きな公園のあちこちに自衛隊が駐留してテントはって、近くにそういった人がいてくれてるというだけで力ずよかった。

ほんまに、神戸の人にとって自衛隊はヒーローやねん。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ