町の王様

町の王様

もうこの世に居ない8歳の弟の日記を見た。

弟の調子が悪そうだったので、病院に連れて行った時、余命宣告された。

俺も、母さんも父さんも泣いてた。

俺のうちの近くには、小さな商店街が有った(以後S商店街)。

俺はS商店街の人たちに頼みこみ、弟に最高の日々を送らせてあげて下さいと頼んだ。

死ぬ30日前 「みんなぼくが歩くとやさしくなる。ぼくは王さまになったんだ!」

20日前 「ねこちゃんをいじめてたやつをおこった。やおやのおじちゃんもいっしょに言ってくれた、ぼくは王さまだから、だれにもふこうにさせないようにする」

ちょうど10日前くらいに、容態が急変し、入院することになった。

9日前 「びょういんにはほかの子もいて楽しい、おせきがでるとくるしいけど、ぼくは王さまだからなさけないところはみせない!」

3日前 「みんながどうしてるか気になる、王さまはお兄ちゃんにすこしまかせたから、ぼくは元気になったらまた王さまになるんだ」

1日前 震えた字で 「くるしいけどがまん、だれにもくるしいところは見せない。だってぼくはこの町の王さまだから」 と書いてあった。

お前はずっとこの町の王様だよ!

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ