物知らずな私たちがすごくバカだった

物知らずな私たちがすごくバカだった

新婚旅行に行きました。

私も旦那も初めての海外旅行。

本当に初心者で、わくわく。

格好も身なりも斜め掛けショルダーに、帽子、なんていういかにもな海外旅行客。

免税店がありました。

いろんなブランド物のバックが売っていました。

馬鹿な事に私たちは免税店が偽物を売ってる店だなんてこれっぽっちも思ってませんでした。

旦那は「お母さんにはこれを、お父さんにはこれをあげるんだ」とニコニコ。

値切ってみたら、あれよあれよと値切られていく。

でも店には「J○B指定店」とかいてあるし・・・。

旦那に「なんかおかしくない?」と聞いたら「何が?」と言う。

保証書もないし、怪しい。

本物か?と聞くと本物だというし・・・。

私はこっそり旅行会社に電話をして

「○○って店でブランド物のバックを買ってるのですが、本物なんでしょうか?」

と言うと、

「申し訳ございません、そのような事は一切お答えできません」

一点ばり。

私は鳴き声で(恥ずかしい) 「わたし、初めてで海外旅行。わからないんです。ブランドのバックを買うのなんて初めてで・・・・・」

何度も懇願しても、結局教えて貰えなかった。

店に戻ると、彼はおみやげをたくさん買っていた。

私は偽物かもしれない、と言えなくて黙っていた。

その後、おみやげは彼の父母にわたりとても喜んでくれていた。

その後。しばらくしてもう一度彼の実家に行くと、彼の父が

「この財布、1回使っただけでこわれたんじゃけど、どうなっとるんかいの」

と彼に財布を・・。

見てみると、ロゴが取れてファスナーが壊れていた。

彼はそのブランドに修理に出しに行ってくる、と持ち帰った。

久しぶりに見たその財布は、どうみても偽物っぽくて、革の質感とか日本の店で見るのと全然違った。

都心のそのブランドでお直しを頼む旦那。

私は怖くて、なんかきまずくて外で待ってた。

そしたら彼がしょんぼり出てきて

「海外の物は別の所で直すんだってな」

と言った。

「あ、そうなの」と私が言うと

「なんかー、ここの店はダメだな。。なんか対応悪くってさ・・・ハハなってないよ。」と哀しそうに笑った。

なんか、なんだか何も知らなくてお金結構出して買った物なのに、旦那本人も偽物かもしれないって気づいたんだって思うとすごく切なかった。

ていうか、物知らずな私たちがすごくバカだった・・・。

旦那のあんな顔みたくなかったよ。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ