浅田真央は、すばらしいスケーターよ

浅田真央は、すばらしいスケーターよ

2014年のソチオリンピック。

現地時間の20日(日本時間21日)に行われたフィギュアスケート女子のフリーの演技。

前日のショートプログラムで、ジャンプで大きな失敗してしまい順位は16位。

原因は、大きなプレッシャーか体調か、本人にしかわからない。

しかし、演技後には浅田真央を応援する日本からの大声援。

一般人だけでなく、国内、国外から多くの著名人から激励メッセージ。

メダルを期待する声ではなく、浅田真央がベストな演技、自分が納得できる演技で有終の美を飾ることを祈る声だった。

圧倒的な実力、演技力を見せながらも、どこか儚く危うい面を持ちあわせている。

そして時折聞こえてくるプレイベートでは、天真爛漫で素直な性格。

こんなにも多くの人から愛されるスポーツ選手は、そう多くはいないだろう。

そうして迎えたソチオリンピック最後のフリーの演技。

浅田真央の元コーチであるタチアナ・タラソワがテレビの解説でしゃべり続けた。


演技始まる前の緊張の一瞬にこう言った。

「私の可愛い真央 がんばるのよ。がんばるのよ」

と言って送り出す。


司会者「あなたがプログラムを教えたのですよね」

タラソワ「直すところはない。1つのポイントがあるんだけど小さい。」

その後、つぶやくように

「可愛い真央(露語で小鳩ちゃん)がんばるのよ。がんばるのよ。可愛い真央」


そして演技が始まった。

タラソワの声は優しくよびかけるように。

ラフマニノフの音楽が鳴り響く。

そして、冒頭のトリプルアクセルを見事に跳んだとき

「やっ!」

と大きな声。

彼女はいつも教え子の演技のとき全身で表現する。きっとガッツポーズしたのでしょう


そして、浅田真央 がトリプルアクセルを決めた後、しばし沈黙。

そして3-3ジャンプを決めた後、

「3回転ー3回転、真央は今季初めてきめたわ!」

と興奮状態で言った。


序盤から中盤にかけて次々にジャンプを決めていく。

タラソワは

「なんていい子」

「なんていい子なの」


そして演技は、中盤から終盤へ

真央が完璧な演技を見せる中で祈るように

「うまくいっている。うまくいっている」


演技終了後、彼女は感極まっているような声だった。

静かに

「ブラボー。ありがとう。」

「本当にありがとう。」

「よくここまで仕上げたわね。」

「彼女はすばらしいスケーターよ。」

「彼女は自分に打ち勝ったの。ありがとう」


ソチ・アイスベルクで表彰式の音楽が続く中、タチアナ・タラソワが喋り続けたのは、浅田真央について。

「ありがとう」を繰り返していました。


多くの人に愛される浅田真央。

誰しもが彼女の魅力に惹きつけられ、応援し、感謝を述べる。

浅田真央選手、本当に感動をありがとう!

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ