永遠に届くことのないプロポーズ

永遠に届くことのないプロポーズ

2012年夏

付き合って2年になる彼女がいた。

彼女とは中学の同級生で成人してから付き合い始めた。

同窓会で2年振りの再会。

お互いにどんな性格なのか、趣味がなんなのかなど知っていたので付き合おうかな~となったとき、そう時間はかからなかった。

彼女の家と、俺の家は近かったが、毎日会うわけでもなかった。

連絡も気まぐれにするような感じで頻繁というわけでもなかった。

だけど、俺は彼女のことが大好きで、『きっとこいつと結婚するんだろうな。』という思いがこころのなかにあった。

付き合って2年目の夏、

「今年も花火行こう!」「夏祭りに出掛けよう!」

と彼女との恒例の話しが始まった。

結婚も現実味を帯び、『今年はこのイベントを使ってプロポーズをしよう!』と決めていた俺だった。

『どんな風に言えば彼女は喜んでくれるだろうか、どう伝えれば彼女の心に響くのだろう。』

と悩みに悩みプロポーズする日ギリギリまで毎日のように紙に書いてはこうじゃない、こうでもない。と考えていた。

プロポーズの言葉も決まり、あとはメッセージ花火にのせて伝えるだけ。

『彼女は驚くだろうか?笑うのかな?泣くのかな?』

なんて想像をしながらプロポーズの日を待った。

プロポーズ前日の朝。

彼女から

「今日は友達と遊びにいってくるね。明日の浴衣買いにいってくるわ!どんなんにしよかな~?楽しみにしてて。」

とメールが入っていた。

俺は想像を膨らませ、仕事に出掛けた。

仕事が終わり、帰宅しようと携帯の電源を入れた。

すると、一本の電話が鳴った。

彼女の家族からだった。

「俺君、今から◯◯病院まで来てくれる?」と。

なんで病院?と若干パニックな俺は急いで向かった。

病院の入り口で彼女の家族が待っていた。

「何があったんですか?」

と聞く俺に彼女の家族が

「あのね、落ちついて聞いてね。今日の朝、出掛けると言って出ていった◯◯が事故にあって。打ち所が悪くて今意識がないの。今夜が山って言われて。」

俺は頭の中が真っ白になった。

急いでICUに向かうと、スヤスヤ眠っている彼女。

その姿を見て、『なんだ、オーバーな。寝てるだけじゃないか。今夜が山?朝になれば目を覚ますやろ。』

と、俺は思った。

朝になっても目を覚まさない彼女。

峠を越えたと思ったが、プロポーズ当日の夜になっても目を覚まさない。

花火の時間になり、会場近くだった病院の周りは人で埋めつくされていった。

病院の窓から見える花火。

今頃俺は、彼女や友人たちとこの花火を一緒に見ているよな。

彼女は

『新しい浴衣を着て俺の横で綺麗やね~!』

と満面の笑顔で言っているよな。

なんて、考えながら花火を見ていた。

メッセージ花火の時間。

会場からアナウンサーの声が聞こえた。

「俺さんから◯◯さんへ。至らない俺やけど、これからの人生、俺の横でずっとそのすてきな笑顔見せてくれへん?」

と言うプロポーズの言葉と共に彼女への花火が打ち上がった。

花火終了の時刻。

とうとう意識も戻らず、家族、友人に見守られ彼女は息を引き取った。

あれから2年。

今年も花火の季節がやってくる。

あのとき、どんな風に返事をしてくれたのか。

今となってはもうわからない。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ