母親を守れるくらい強くなりたい

母親を守れるくらい強くなりたい

半年ほど前に、「強くなりたい」と自分から入部してきた子。

はっきりいって運動神経もなく、体もひ弱です。

あまりここに書くのもはばかられるのかもしれないんですが、めちゃくちゃ切ない過去を持つ子供なんです。

なんでも、父親に虐待されて、母親と一緒に実家に逃げてきたとか。

母親が殴られて泣かされるところを、何度も見てきたそうなんです。

それで、「母親を守れるくらい強くなりたい」と。

自分の足で相撲道場をしらべてやってきたそうです。

こんな子供が、本当にいるとは・・・・。

家庭環境の話など、聞いていて目頭が熱くなりました。

稽古は、驚くほど真剣に取り組みます。

一度でも倒されると、「もういっちょお願いします!」と立ち上がる。

おでこから血が流れても、かまわず必死にぶつかる。

申しあいの時も、積極的に前にでて取り組みます。

ゲロを吐いて、「少し休め」といっても、「まだまだ!」といって稽古を続ける。

泣きそうになるのを奥歯をかみ締めて我慢している姿を見ると、

「絶対強くしてあげたい」

と思うようになります。

ただ、体格が悪いのと、ちょっと気が弱いため、まだまだ勝てるレベルには到達していませんが。

しかし、必死に稽古を頑張っている姿は、周りの子供にも少しずつ影響を与えはじめています。

家でも努力しているようで、毎日四股腰割りを100回以上するそうです。

股割がだんだんとできるようになってきました。

しかも、家ではお母さんのために皿洗いをしたり、肩をもんであげたりするようです。

まさかこんな子が現代にいるとは・・。

この子の成長が楽しみです。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ