母さん、ごめんよ

母さん、ごめんよ

中三の頃、母が死んだ

俺が殺したも同然だった・・・

あの日、俺が楽しみにとってあったアイスクリームを、母が弟に食べさせてしまった

学校から帰り、冷凍庫を開け、アイスを探したが見つからなかった

母親に問い詰めると、弟が欲しがったのであげたと言った

その時楽しみにしていた俺は、すごく怒った

母親に怒鳴り散らし、最後に「死ね!」と叫び、夕飯も食べずに部屋に篭った

それから何時間か経った

俺は寝てしまっていたが、父親が部屋に飛び込んできたので目が覚めた

「母さんが轢かれた・・・!」

あの時の親父の顔と言葉を、俺は一生忘れないだろう

俺達が病院に着いたとき、母親はどうしようもない状態だと言われた

医者は最後に傍にいてあげてくださいと言い、部屋を出た

それから少しして、母親は息を引き取った

その後、母親があの時間に外にいた事を父から聞いた

買い物に行くと言って出て行き、その帰りに車に轢かれた事

現場のビニール袋の中には、アイスが一つだけ入っていた事

救急車の中でずっとごめんねと呟いていた事

その時、俺のために母はアイスを買いに行って事故にあったとわかった

通夜と葬式の間中、俺はずっと泣いた

そして、今でもこの時期になると自然に涙が出てくることもある

母さん、ごめんよ

俺が最後に死ねなんて言わなかったらと、今でも悔やみ続けている

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ