次の日の朝、子猫は冷たくなってしまってた

次の日の朝、子猫は冷たくなってしまってた

小学校の時、裏門の所に小さな黒猫の赤ちゃんが捨てられてた。

両目とも膿でくっついてて見えてない様子。

どうしても無視できなくて家へ持って帰ったら、やっぱり飼ってはダメって言われた。

近所の家の庭の近くに置いてきなさいといわれ(そこの家は野良猫に餌を上げていたらしいので)

泣く泣くそっとその家の庭の近くにおいてきた。

数日立ってその近くを通りかかった時、みゃーみゃーという子猫の声を聞いた。

もしやと思ったらやっぱりあの時の黒猫だった。

がりがりに痩せてて体中に蚤が付いちゃってて、もうどうしても放っておけなくて連れて帰った。

親にはいっぱい頭を下げて自分が全部に責任持つからと頼み込んでどうにか飼うことを許してもらった。

ミルクを上げて、体を洗ってあげて、湯たんぽを入れてあげて、と子供ながらに色々してあげたんだけれど

1週間も立たないうちに死んでしまった。

死んでしまった日の前日の夜、いつもは枕もとの箱の中で寝てる子猫が、なぜか初めて私の布団の中にもぐり込んできた。

でも私はつぶしてしまうのがイヤだったし、まだ蚤がいたらいやだなと思い箱に戻した。

その次の日の朝、子猫は冷たくなってしまってた。

もしかしたら寒かったのかな。

一緒に寝てあげればよかった。

最初にもっとちゃんと親に頼んで、飼ってあげられたらよかった。

子供だったからなんの知識もなくて、もしかしたら私のせいで死んじゃったのかも。

病院にも連れて行ってあげられなかった。

まだ本当ににちっちゃい子猫だったのに。

本当にごめんね。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ