本当はお母さんの手作りケーキ、世界で1番美味しいんだよ

本当はお母さんの手作りケーキ、世界で1番美味しいんだよ

我が家の誕生日ケーキは、いつも前の日から母が焼いて作ってくれた手作りのケーキだった。

可愛いくデコレーションしてあるわけでもなく

買ったケーキみたいにマジパンの可愛い動物が乗っているわけでもなく

フルーツが沢山乗ったケーキなわけでもなく

黄桃とみかんの缶詰の果物が乗ってある

シンプルな生クリームケーキ。

小さい頃は 友達に手作りケーキなことを話すと

「いいなぁ〜」

なんて言われることが嬉しかった。

でも、年頃になると、

『デコレーションケーキを買えないくらい 我が家は貧乏だったのだ』

と気づかされる様になった。

そして、キレイにデコレーションされてショーウィンドウに並ぶ誕生日ケーキを買っていく親子を見ると、羨ましく思い、母のケーキが恥ずかしくなるようになった。

高校生になった初めての誕生日。

いつもと同じく 前日から母がスポンジを焼き始めた。

仕事づくめで疲れた顔をしながら黙々とケーキを準備する母の姿が、一瞬、情けなく感じてしまい、

つい「明日は友達とお祝いするから、そんなケーキは要らないよ」と冷たく言い放ってしまった

一瞬気まずい空気が流れた後 「そっか、分かったよ」と言った。

母の横顔が悲しく見え、、その場にいてもたってもいられず、家を飛び出した。

『なんであの時 あんな風に言ってしまったんだろう…』

どうして一瞬でも 母のケーキを恥ずかしいと思ってしまったんだろう。

誕生日からしばらくして、母は交通事故にあった。

九死に一生をえたが、交通事故での後遺症で右半身麻痺になった。

医師の診断としては、

『リハビリを頑張っても、今まで通りの日常生活は送れないでしょう』

ということだった。

しゃべろうとしても 口を上手に動かせない。

右利きだった母の手は、もう動くこともない 。

ただただ 呂律の回らない口で

「迷惑かけてごめんね」

と泣きながら話す母を見ていると、胸がキュ、と締め付けられた。

私は高校を辞め 母の生活を支えるために昼に夜に仕事を始めた。

今まで母がしてくれた苦労を一気に引き受けた身体は、想像以上に過酷で、自宅に帰ってはすぐに寝て、仕事の合間に母の病院に顔を出す日々が続いた。

事故から3年、母が退院した。

そして、私の誕生日がやってきた。

私が仕事から帰ってくると、自分の体もままならないのに毎年恒例の黄桃とみかんのケーキを作ってくれた。

いたたまれなかった。

涙が出るほど苦しかった。

『ごめんね、お母さん』

本当はお母さんの手作りケーキ、世界で1番美味しいんだよ。

仕事で疲れた中 前の日から作ってくれて 自慢の誕生日ケーキだよ・

次の誕生日までに レシピを教えてね。

今度は私がお母さんに作るからね。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ