最期までバカですね

最期までバカですね

大好きなあなたは、今も笑っているのでしょうか。

小さいころなぜかおじいちゃんに引き取られた私(当時7歳)は、そこで三人の男の子に出会いました。

9歳のすごい元気なLと12歳の大人っぽいけど天然なS、仏頂面なのに本当は優しいAでした。

おじいちゃんがとてもいい人なので三人共親がいなく、おじいちゃんが私同様引き取った子達でした。

それから私たちは本当の兄弟のように、家族のように育ちました。1年が経った頃、大人っぽいお兄ちゃんがいなくなりました。

本当に急で。信じられなかった。あっけなかった。おじいちゃんには死んでしまったと知らされめったに泣かなかったお兄ちゃんもおお泣きしていました。

そしてAが17歳、Lが14歳、私が12歳のときにAと私は家を離れました。Aは学校に行ってはおらず、働いていたので転勤する、とのことでした。

Aは一人じゃまともに家事もできないし私はAが好きだったためLも快く送り出してくれたのでAについて行きました。

二人で暮らし始めてすぐにAも私を愛してくれました。近所にAの同僚等がたくさん住んでいて(会社近くのマンションだったため)とても楽しく過ごしていました。

Aの会社の社長さんもすぐ近くに住んでおり、親のいない私たちを実の子どものように可愛がってくださいました。 とても、とても幸せでした。

すでに私は15歳で、16になったら結婚する約束をしていました。

会社の旅行で山に行くときに、たまたま遊びに来ていたLと私もお誘いを受け、一緒に行かせていただきました。

Lもすぐに会社の人たちと仲良くなり、ずっとこのままでいたいと心から思いました。

なのに。

どうしてあなたと社長さんはいないのですか。

山で土砂崩れに会って、なぜ私をかばったのですか。

社長さんも、なぜ私が落としたネックレスを探しにいったのですか。Aがくれた宝物だとして、私は誰かを失いたくなかったのに。

Aはこんな私だったのに、愚痴の一つも吐かないで、愛してる、ありがとう、しか言わないで。

なんでよりによってLの前で死にますか。

最期までバカですね。

しばらくして見つかった社長さんの手にはちゃんとネックレスが握られていましたね。

一生この身から離しません。

ただ、結婚式で社長さんに父が座る席に座ってほしいと言えてよかった。

最期までAを抱きしめていれてよかった。

おじいちゃんとLに抱きしめられながら泣きました。

理不尽な世界を。無力な私を呪いました。

私は、一度は壊れました。

けれど会社の人やL達に支えられて、最近また笑えるようになりました。

今、私のそばには二人のとてもかわいい女の子と男の子がいます。

あのあと、病院に行ったら、いたんですよ。

あなたと私の子どもです。双子ですよ。

なんでこの子達をあなたは抱きしめてあげないのですか本当バカですね?

私はずっと、あなた達のとこに行くまであなたに悪態をつきまくるでしょう。

毎日、毎日。

悪態をつかれたくなかったらもう一度、夢の中でもいいから愛してるって言ってくださいよこのバカが。

あなたは今も、笑っていますか。

今はただ、悪態をついたら、ついでに笑っていることを祈ってあげる。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ