昔、上野動物園には三匹の象がいました【戦時中のお話】

昔、上野動物園には三匹の象がいました【戦時中のお話】

上野の動物園は、桜の花盛りです。

風にぱっと散る花。

お日様に光り輝いて咲く花。

お花見の人たちがどっと押し寄せて、動物園は、砂埃を巻き上げて混み合っていました。

象の檻の前の広場では、2頭の象が芸当の真っ最中です。

長い鼻を天に向けて、日の丸の旗を振ったり、カラランランと鈴を振り鳴らしたり、

ヨタヨタと丸太渡りをしたりして、大勢の見物人を『ワァワァ』と喜ばせています。

その賑やかな広場から、少し離れた所に一つの石のお墓があります。

あまり気の付く人はありませんが、動物園で死んだ動物たちをお祀りしているお墓です。

お天気の良い日は、いつも暖かそうにお日様の光を浴びています。


ある日のことです。

動物園の人が、その石のお墓をしみじみと撫で回して、私に哀しい象の物語を聞かせてくれました。

動物園には、今、三頭の象がいます。

名前を、インデラ、ジャンポー、メナムといいます。

そしてその前にも、やはり三頭の象がいました。

名前を、『ジョン』、『トンキー』、『ワンリー』といいました。

その頃、日本は、アメリカと戦争をしていました。

戦争がだんだん激しくなって、東京の街には毎日毎晩、爆弾が雨のように振り落とされてきました。

その爆弾が、もしも、動物園に落ちたら、どうなることでしょう。

檻が壊されて、恐ろしい動物たちが街へ暴れ出したら、大変なことになります。

そこで、ライオンも、トラも、ヒョウも、クマも大蛇も、毒を飲ませて殺したのです。

三頭の象も、いよいよ・・・

ということになりました。

まず第一に、いつも暴れん坊で、言う事を聞かない『ジョン』から始めることに成りました。

『ジョン』は、ジャガイモが大好きでした。

ですから、毒薬を入れたジャガイモを普通のジャガイモに混ぜて食べさせようとしました。

けれども利口な『ジョン』は、毒のジャガイモを口まで持っていくのですが、すぐに長い鼻でポンポンと遠くへ投げ返してしまうのです。

仕方なく、毒薬を身体へ注射することになりました。

馬に使う、とても大きな注射の道具と太い注射の針が支度されました。

ところが、象の身体は大変皮が厚くて、太い針はどれもポキポキと折れてしまうのでした。

仕方なく食べ物を一つもやらずにいますと、可愛そうに、十七日目に死にました。

続いて、『トンキー』と、『ワンリー』の番です。

この二頭の象は、いつも可愛い目をじっと見張った心の優しい象でした。

ですから、動物園の人たちは、この二頭を何とかして助けたいと考えて、遠い仙台の動物園へ送ることに決めました。

けれども、仙台の町に、爆弾が落とされたらどうなるでしょう。

仙台の街で象が暴れ出たら、東京の人たちがいくらごめんなさいと謝っても、もうだめです。

そこで、やはり上野の動物園で・・・

ということになりました。

毎日、餌をやらない日が続きました。

『トンキー』も、『ワンリー』も、だんだん痩せ細って元気が無くなっていきました。

時々、見回りに行く人を見ると、よたよたと立ち上がって、

「餌をください。」

「食べ物をください。」

と細い声を出して、せがむのでした。

そのうちに、げっそりと痩せこけた顔に、あの可愛い目がゴムまりのようにぐっと飛び出してきました。

耳ばかりが物凄く大きく見える哀しい姿に変わりました。

今まで、どの象も自分の子供のように可愛がってきた象係の人は、

「可哀想に。可哀想に。」

と檻の前を行ったり来たりして、うろうろするばかりでした。

すると、『トンキー』と、『ワンリー』は、ひょろひょろと身体を起して、象係の前に進み出たのでした。

お互いにぐったりとした身体を、背中でもたれ合って、芸当を始めたのです。

後ろ足で立ち上がりました。

前足を折り曲げました。

鼻を高く上げて、万歳をしました。

萎び切った身体中の力を振り絞って、芸当を見せるのでした。

芸当をすれば、昔のように、餌がもらえると思ったのです。

『トンキー』も、『ワンリー』も、よろけながら一生懸命です。

象係の人は、もう我慢できません。

「ああ、『ワンリー』や、『トンキー』や。」

と、餌のある小屋へ飛び込みました。

そこから走り出て、水を運びました。

餌を抱えて、象の脚に抱きすがりました。

動物園の人たちは、みんなこれを見てみないふりをしていました。

園長さんも唇を噛み締めて、じっと机の上ばかり見つめていました。

象に餌をやってはいけないのです。

水を飲ませてはならないのです。

どうしても、この二頭の象を生かしてはいけないのです。

けれども、こうして一日でも長く生かしておけば、戦争も終わって助かるのではないかと、どの人も心の中で神様にお願いをしていました。

けれども『トンキー』も『ワンリー』も、ついに動けなくなってしまいました。

じっと身体を横にしたまま、動物園の空に流れる雲を見つめているのがやっとでした。

こうなると象係の人も、もう胸が張り裂けるほどつらくなって象を見に行く元気がありません。

他の人も苦しくなって、象の檻から遠く離れていました。

ついに、『ワンリー』は十幾日目に、『トンキー』は二十幾日目に、どちらも鉄の檻にもたれながら、やせこけた鼻を高く伸ばして、万歳の芸当をしたまま死んでしまいました。

「象が死んだあ。象が死んだあ。」

象係の人が叫びながら、事務所に飛び込んで飛び込んできました。

拳骨で机を叩いて、泣き伏しました。

動物園の人たちは、象の檻に駆け集まって、みんなどっと檻の中へ転がり込みました。

象の身体にとりすがりました。

象の身体を揺さぶりました。

みんな、おいおいと声をあげて泣き出しました。

その頭の上を、またも爆弾を積んだ敵の飛行機が、ごうごうと東京の空に攻め寄せてきました。

どの人も象に抱きついたまま、こぶしを振り上げて叫びました。

「戦争をやめろ。」

「戦争をやめてくれえ。やめてくれえ。」

後で調べますと、盥位もある大きな象の胃袋には、一滴の水さえも入っていなかったのです。

その三頭の象も、今はこのお墓の下に静かに眠っているのです。

動物園の人は、目を潤ませて私にこの話をしてくれました。

そして、吹雪のように、桜の花びらが散り掛かってくる石のお墓を、いつまでも撫でていました。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ