彼女は嬉しそうにしてしばらく黙り、そして泣いた。【痴呆症になった彼女】

彼女は嬉しそうにしてしばらく黙り、そして泣いた。【痴呆症になった彼女】

彼女が痴呆になりました。

前から物忘れが激しくて、

ある日夜中に突然昼ご飯と言って料理を始めたり、

ある日突然、私は貴方の妹なのと言ったり。

俺がこれは変だと思い、病院に行ったら『痴呆症』だと言われた。

俺と彼女は、結婚する約束をしていた、

給料三か月分とは言えないけど、もう指輪も用意していた。

あとは、これを渡してプロポーズするだけだった。

でも彼女は、もう殆ど俺のことを覚えていない。

一人じゃ何にも出来なくなって、俺が介護するしか無かった。

仕事も辞めて、彼女と二人ぼっちで家に引きこもって、毎日、毎日、俺は彼女の右手を握り続けた。

貯金も底を付き、いよいよ生きていくためのお金が無くなった。

その頃から彼女の両親が

「娘を引き取りたい」

と言ってきた。

彼女の父親に

「君もまだ若いんだから、これからの人生に生きなよ、娘のことは忘れてくれ」

と言われた。

でも、俺は忘れられなかったよ。

新しい仕事でも、考えるのはいつも彼女のことばかり。

わかるか?

四六時中一つのことしか考えられない人間の気持ちって。

一年してから、彼女の実家を訪ねてみた。

でも、家には誰も居なかった。

彼女も、彼女の両親も町から消えていた。

彼女の家族が、北陸の町で暮らしていると知って、俺はすぐにそこに行ったよ。

海沿いの家に住んでてさ、家に行くと彼女の母親は驚いていたよ。

俺は「彼女に渡したい物がある、直接渡したい」と言った。

「海で待っててください」と彼女の母親は言って奥に消えたよ。

黒い浜辺で待ってると、寝巻き姿の彼女を母親が連れてきた。

彼女の姿は、それは酷かったよ。

言葉に出来ないくらいに。

俺と彼女は浜辺に二人で座った。

彼女の母親は、気を利かしてくれたのか、姿を消してくれていた。

彼女は、なにやらわけのわからないことばかり言ってたよ。

なんだったかな。

「世界一遠くて近い場所」

とか

「音の響きが聞こえない」

とか。

俺は彼女の左手を持って、ポケットからある物を取り出した。

彼女の誕生石のエメラルドの指輪だ。

俺がそっと指輪をはめてやると、彼女は嬉しそうにしてしばらく黙り、そして泣いた。

自分でも、なんで泣いたのか判らないみたいだった。

それを見ていたら、俺も泣けてきちゃった。

俺は彼女を抱きしめて、おいおい泣いたよ。

たぶん、二時間くらいじゃないかな。

彼女に、少し強く抱きしめられてるような気がしたよ。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ