宿題が、抱っこでよかった

宿題が、抱っこでよかった

敦生君の母、孝子さんが車を運転中に事故に遭った。 それは、敦生君が生後8カ月のころでした。

顔がまひし、手でソファをたたくぐらいしか意思を伝える方法がなくなった。

昨春、入学した敦生君は、友達につばをかける「問題児」だった。

担任の佐藤住子教諭(57)が家庭訪問すると、口からだ液を流す孝子さんの姿があった。

「お母さんのまねをしていただけなんだ」

そう思った佐藤教諭が

「お母さんは後遺症と必死で闘っている」

と言い聞かせると、問題行動はすぐに消えた。

佐藤教諭は昨年5月、授業でコンクールの課題図書「しゅくだい」(宗正美子さん原案、いもとようこさん文・絵、岩崎書店)を読み聞かせた。

「しゅくだい」はモグラの「もぐ」が主人公。

学校で「だっこしてもらうこと」が宿題として出されたが、母親は妹の世話で忙しく、構ってもらえない。

遠慮して言い出せなかった「もぐ」が母親に宿題のことをきかれ、事情を知った家族がみんなで「もぐ」を抱きしめるという作品だ。

佐藤教諭は作品にならって「だっこ」を宿題に出した。

敦生君を意識したわけではなかったが

「ママは僕をだっこできるかな」

と、もじもじする敦生君に気付いた。

「あっくんは、きっとママにだっこしてもらえると思うよ」

と言うと、敦生君はうれしそうに跳びはねて家に帰ったという。

言葉を話せない孝子さんは子供をしかる時、つめでソファを引っかいて表現する。

家に帰った敦生君が孝子さんのひざにそっと乗った時、孝子さんはソファを引っかかなかった。

敦生君は

「ママ、ちょっと笑った。ぼくはいっぱい笑った。ママって温かいと思った」

と振り返る。

孝子さんはそれからリハビリに熱が入り、人に支えられながらも歩く足取りがしっかりしてきたという。

敦生君の感想文はこう終わっている。


ぼくは、ママにだっこされたことがなかったので、一回だけでいいからだっこしてほしかったのです。

でも、一年生にもなってママにだっこしてなんて、はずかしかったのです。

しゅくだいが、だっこでよかった。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ