大好きだったカーチャン

大好きだったカーチャン

うんと小さい頃「大きくなったらカーチャンと結婚する」と言った俺に「お父さんがいるから無理」と断って失恋させたカーチャン

ある日目が覚めると、俺の体が全身落書きだらけで、泣きながら「姉ちゃんに落書きされた」と訴えると「足の裏はお母さんです。可愛く描けたと思っています。」と応えたカーチャン

うつ伏せで寝てるとカンチョーしてくるカーチャン

俺が車に轢かれそうになった時に悲鳴をあげながら庇ってくれたカーチャン

俺の代わりに轢かれたカーチャン

なぜか無傷のカーチャン

職場でいじめられて「たっくんがいじめられてたとき助けてあげられなくてごめんね、一人じゃどうしようもないものなんだね。」と謝ってきたカーチャン

新しい職場では無駄にもててたカーチャン

引篭った俺を外に出そうとお出かけに誘ってくるカーチャン

断ると悲しそうな顔をするカーチャン

気まぐれでOKするとちょっと驚くくらい喜ぶカーチャン

明日お弁当作るから公園で食べようねと笑顔のカーチャン

次の日「お弁当ができたら呼ぶから準備しておいてね」と言ったまま、呼びに来なかったカーチャン

見に行くとキッチンで倒れてたカーチャン

もう会えないカーチャン

最後まで迷惑かけて心配かけてたけど、大好きだったカーチャン

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ