君がいなかったら今の僕はいない

君がいなかったら今の僕はいない

僕は小さい頃に両親に捨てられて、いろいろな所を転々として生きてきました。

小さい頃には「施設の子」とか「いつも同じ服を着た乞食」とかいろんな事言われました。

たまに、同級生の子と遊んでいて

「○○君の家に行こう!」

とかなっても、僕が遊びに行くとそこの家のお母さんが

「○○君と遊んではいけないっていったでしょ!」

と、そこの家の子供を叱ってる声が聞こえ、僕を汚い物を見るような目で

「○○は今日遊べないの・・」

というようなことが日常茶飯時でした。

僕は弱い人間なので、そんな事が重なるうちに独りでいる事が一番傷つかず、一番楽なのだと思いました。

けど、僕にも言いたい事は一杯あった。

汚い服、同じ服着ていても僕は、僕は人の物盗ったり、傷つけたりはしてない。

両親はいないけど、僕にはどうする事もできないんだよ!

僕だっておとうさん、おかあさんが欲しいんだよ。

僕はなるべく人と接しないように生きてきた。

自分の精神、心を守る為にそうせざるを得なかった。

独りで生きていく、誰にも迷惑をかけずに・・・

高校に進学した時だった。

朝、学校につくと僕の机に「死ね」「乞食」「貧乏神」「親無し」等あらゆる悪口が書かれていた。

僕は、目の前が暗くなった。

僕が何かしたのか?

僕がなにか・・・・

ただ、立ち尽くすのみだった。

その時、僕の目の前から机が無くなった。

クラスでも人気者のYが、僕の机をかかえあげていた。

僕は机で殴られるのかと思い、目を閉じた。

「いくぞ!」

とYがぶっきらぼうにいい廊下に出て行く。

僕はあとに従った。

Yは技術室に行き、紙やすりで僕の机の落書きを消し始めた・・・・

Yはただ一言だけ「つまんない事に負けんなよ。」と言い。

黙々と紙やすりで落書きを消している。

「放課後もう一回ここでニス塗ろうぜ。そしたら元どおりだ。」

といって、にっこり笑ったYを見て僕は泣いた。

Yは照れ笑いをしていた。

Yは6月に結婚する。

おめでとう。

君がいなかったら今の僕はいない。

恥ずかしくて面と向かっては言えないけど、幸せになって欲しい。

そしてこれからも親友でいて欲しい。

今まで本当にありがとう。

おすすめの泣ける話

twitterリンク facebookリンク
Page TOPへ